えっ?日本の国歌「君が代」はイギリス人が作曲したものだった!?

日本の国家 国旗

日本の国歌「君が代」。
「君が代」は、日本と日本人を象徴する、国の式典や国際的な行事などで演奏される大切な曲です。
しかしながら、なんと、その大切な曲の最初のバージョンは、イギリス人が作曲したものでした!

初代「君が代」はイギリス人が作曲したものだった!

国歌と聞くと、かなり古くからあるイメージですが、実は、明治維新になるまで、日本には存在しませんでした。

ところが、1869年(明治2年)にイギリス王子エディンバラ公が天皇に謁見(えっけん)するにあたり、イギリス国歌と合わせて演奏するための、日本の国歌が必要になりました。

そこで、歌詞は平安時代に編まれた『古今和歌集(こきんわかしゅう)』に収録されている詠(よ)み人知らずの歌を採用。
作曲のほうは、催し物当日に国歌を演奏する、イギリスの軍楽隊隊長に依頼し、曲は急遽(きゅうきょ)作られました。

しかし、彼は日本語を知らなかったため、出来上がった曲の評判は散々。
そのため、宮内省雅楽課(くないしょうががくか)が作曲し直し、フェントンの公認として海軍軍学教諭(かいぐんぐんがくきょうゆ)になったドイツ人フランツ・エッケルト が洋楽演奏用に編曲を行ないました。

このような経緯があり、現在の「君が代」が誕生したのだといいます。

おわりに

今日は、日本の国歌「君が代」の最初のバージョンはイギリス人が作曲したものだったという話でしたが、いかがでしたか?

それにしても、初代「君が代」は、一体どんなメロディーだったのでしょうか?

聴いてみたいという方のために、以下にその動画を貼りつけます。

どうでしょう?
まず、歌詞と曲が、見事にミスマッチですね。【><】
そして、歌って見ると分かりますが、非常に歌いにくいです。
まぁ、日本語を知らずに作曲すると、このようになるのでしょうね。(@_@)ウーン

そうそう。「君が代」といえば、この歌詞が実はヘブライ語で書かれているという説があります。
私の別ブログの方で取り上げていますので、ご興味をもたれた方は、是非お読みになってみてください。

「君が代」は、実は最初から最後までヘブライ語で書かれていた?

私たちの国家である「君が代」の歌詞には、一種の違和感を覚える方が少なくありません。それでは、何故そのような違和感があるのでしょうか?「君が代」の不可解な歌詞その理由のひとつが、不可解な歌詞です。「君が代」には、例えば「細石の巌」「苔のむす」など、一般に使われていない難しい表現が含まれています。また、タイトルの「君が代」の意味がふた通りにとれるということも、議論を醸(かも)し出しています。「君」という…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告