「元祖天才バカボン」の最終回はどうなる?

赤塚不二夫のギャグ漫画・「元祖天才バカボン(がんそてんさいバカボン)」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

元祖天才バカボン イメージ画像
写真はこちらからお借りしました。

ある日、パパは占い師(うらないし)から自分の名前をズバリと言い当てられます。
実際には、その占い師がバカ田大学の後輩(こうはい)だから知っていただけなのですが、パパはその占い師を全面的(ぜんめんてき)に信じ込んでしまいます。
そんなパパに、その占い師は、

「あなたは、人と別れるときはさよならを言うでしょう」

と、当たり前のことを予言(よげん)します。
しかし、その予言通りに、ウナギイヌは故郷(こきょう)の浜名湖(はまなこ)に帰ってしまいました。

イヤな予感がしたパパが交番へ行くと、本官(ほんかん)さんは本庁勤務(ほんちょうきんむ)を目指し、指名手配犯(しめいてはいはん)を逮捕(たいほ)しようとしています。
パパは、それを阻止(そし)すると、

「この街にいてほしい」

と懇願(こんがん)します。
すると、本官さんは喜びを爆発(ばくはつ)させるのでした。

さらにパパが散歩していると、レレレのおじさんが、

「この街から去って、ほかの街をキレイにする」

と言い出しました。
そこで、パパはママとバカボンと連れてくると、3人でレレレのおじさんが街を去らないよう、ゴミをまき散らかします。

次の朝、起きて家を出たレレレのおじさんは、あまりの散らかり方にビックリして掃除を始めます。
が、ママたちがクリーン作戦を実行(じっこう)して街は再びキレイに。
レレレのおじさんは、やはり街を去ってしまいました。
そして本官さんも、(あまりの成績の悪さに)本庁勤務が決まってから街から去ってしまいました。

自暴自棄(じぼうじき)になったパパは、銭湯(せんとう)の煙突(えんとつ)に登ってしまい、街の人たちは騒然(そうぜん)となります。
すると、そんなパパを助けるために、ウナギイヌ、レレレのおじさん、本官さんが帰ってきました。みんな、この街が好きなのです。

パパは、

「やい! 易者(えきしゃ)の人、ワシは誰にもさよならを言わなかったぞ!」

と文句をつけます。
が、占い師はあわてず、

「当たってますよ。最後のさよならが残ってますよ」

と告げます。

するとパパは、

「あ、そうなのだ。全国のみなさん、実はワシらは今日でお別れなのだ。長い間応援(おうえん)してくれてありがとう。また会える日までさよならなのだ」

と言うと、ブラウン管の前の視聴者(しちょうしゃ)に、

「こ・れ・で・いい・の・だ」

と、涙ながらに最後の挨拶(あいさつ)をするのでした。

「元祖天才バカボン」のテレビ放送
1975年10月6日 ? 1977年9月26日(全103回)

※「元祖天才バカボン」は、「本作品こそ原作に沿った内容である」との意味合いで「天才バカボン」のあとに製作されたものです。
元祖のつかない「天才バカボン」の最終回は、以下をお読みください。

歩けるようになったハジメちゃんが、1人で散歩に出てしまいます。ハジメちゃんは、散歩の途中、車が故障(こしょう)して困っているアメリカの実業家(じつぎょうか)・ドッグフェラーを見て、助けてあげます。ハジメちゃんの天才っぷりに驚嘆(きょうたん)した彼は、ハジメちゃんを滞在先(たいざいさき)のホテルへ招きます。パパは、ハジメちゃんが誘拐(ゆうかい)されたと大騒ぎ。が、誤解(ごかい)が解けると、歩けるようになったハジメちゃんに、靴を山ほどプレゼントします。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告