2018年02月一覧

高級魚の代名詞・「マグロのトロ」は、江戸時代は捨てられていた?

現代において、マグロは高級魚の代名詞。なかでも、脂(あぶら)の乗った「トロ」は大人気で、脂肪分の多さによって、大トロや中トロなど、何種類にも分かれているほどです。しかしながら、江戸時代はマグロと言えば「赤身」であり、脂が多くて鮮度が低いトロは、寿司の種類の中で最も安い部位で、捨てられることも多かったといいます。

あなたが普段よく飲むドリンクには、危険レベルの砂糖が入っている?

あなたが普段よく飲んでいるドリンクには、危険レベルの砂糖が入っている可能性があることをご存じですか?世界保健機構(WHO)の指針によれば、砂糖摂取の適量(主食を除く)は成人1日あたり25グラム(ティースプーン6杯分)とされています。25グラムと聞くと、きっとあなたは多いように感じるかも知れません。しかし実は、日常的に飲んでいる飲み物だけでも、十分オーバーする量なのです。

夕陽が赤く見えるのは何故?-赤の波長が長いためだった

夕方になると、夕陽が赤く見えます。これは、何故なのでしょうか?色が太陽光は白色光といい、虹の7色(赤、橙(だいだい)、黄、青、藍(あい)、紫)が混じり合ってっできたものです。この7色の光は、大気中に浮かぶ空気の分子に当たると拡散(かくさん)されますが、特に波長の短い光がより強く散らばります。一方、赤い光は波長が長いために散らばりにくく、より遠くまで届きます。夕陽が赤く見えるのは、夕方の太陽光が大気中を通るときの距離が、真昼間の真上からに比べて長くなった結果、赤い光だけが拡散されずに私たちの目に届くからなのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告