「ニルスの不思議な旅」の最終回はどうなる?

スウェーデンの女性児童文学作家セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Ottilia Lovisa Lagerlöf)原作の「ニルスの不思議な旅(ニルスのふしぎなたび)」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

ニルスの不思議な旅
写真はこちらからお借りしました。

いたずら好きのために妖精(ようせい)を怒らせ、魔法(まほう)で体を小さくされてしまったニルス。
その代わり、動物と会話ができるようになり、それがきっかけでニルスは旅に出るのですが、その最終回は以下の通りです。

ニルスは、雁(がん)の群れとともに、半年ぶりに故郷(こきょう)へ帰ってきます。
が、小さな体のままでは両親に会うこともできません。

するとそこへ、ともに旅をしていたガチョウのモルテンも帰ってきます。
お金に困っているニルスの両親は、お祭りのために、やむなくモルテンを殺そうとします。
その様子を陰(かげ)から見ていたニースは、友達のモルテンの悲鳴を聞き、もういても立ってもいられず、自分が小さな体であることも忘れて、

「お願いだから、モルテンを殺さないで!」

と叫び、玄関のドアをガンガン叩きます。

ニルスの両親は、これに気づくと、玄関のドアを開けます。
するとその瞬間、ニルスにかけられていた魔法が解け、ニルスは元の大きさに戻ります。

こうして、モルテンを救(すく)い、両親との再会を果たしたニルスは、雁(がん)の群れを見送りに行きます。
魔法が解けたニルスには、もう雁の言葉は分からず、言葉も通じませんが、かつての仲間に、別れと感謝の言葉をいつまでもかけ続けるのでした。

「ニルスの不思議な旅」のテレビ放送
1980年1月8日 – 1981年3月17日(全52話)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告