「イカスミ料理」があるのに「タコスミ料理」がないのは何故?

イカスミ パスタ

「イカスミ料理」はありますが、「タコスミ料理」というのはありません。
これは、何故なのでしょうか?

イカもタコも、スミを吐くことで知られています。
どちらも、敵に襲われたときにスミを吐くことは同じですが、その役割が異なります。

まず、イカスミは、粘度(ねんど)が高いので、海中ですぐに拡散しません。
そのため、スミを自分の分身に見せかけ、敵の目を惑(まど)わせている間に逃げるのです。

一方、タコスミは、粘度が高くなく、海中にさっと広がります。
これが煙幕となって、敵の目から見えなくなり、その間に逃げるのです。

さらに、味に関していえば、タコスミの方がおいしさも栄養も圧勝です。
しかしながら、タコはスミ袋が小さく、スミが少量しか取れません。

さらには、イカスミの方が採取しやすくて取り扱いも容易なため、「イカスミ料理」はあっても「タコスミ」料理はほとんど見られないのです。

参考にしたサイト
「いかすみ」と「たこすみ」の違い | 料理で幸せにする食の研究所ECL
https://worldchefsbible.com/知識の宝庫/雑学/「いかすみ」と「たこすみ」の違い/

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください