錆びにくいといわれるステンレスは、実はすでに錆びている?

ステンレス 板

ステンレスは、正しくはステンレス・スチール(stainless steel)といい、直訳すれば「錆びない鋼鉄」となります。

その成分は、鉄とクロムとニッケルが74:18:8の割合で配合されています。

さて、この合金を作ると、すぐに表面が錆びて、酸化物の薄い膜で覆われます。
内部の鉄が酸化する働きを、クロムが止めます。

こうして、酸化物の薄い膜が内部の鉄を保護するので、ステンレスは錆びないのです。

つまるところ、ステンレスは錆びない金属といわれますが、実は錆びているから錆びないという禅問答のような理由で錆びないのです。

参考にしたサイト
ステンレスは錆びているから錆びない – 俊平の雑学研究所
http://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp/25654133.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告