歴史一覧

「独眼竜」伊達政宗は本当に眼帯をしていた?ー右眼に眼帯をした姿は後世に創作されたものだった

東北地方を代表する戦国大名は誰かと問われれば、多くの方が伊達政宗(だて まさむね)と答えることでしょう。仙台藩祖の伊達政宗は、のちに「あと10年早く生まれていれば、天下が奪(と)れた」と評されたその活躍ぶりもさることながら、幼少時に右眼を失明(しつめい)したことから「独眼竜(どくがんりゅう)」とも称されています。さて、伊達政宗のいわばトレードマークともいえる右眼を覆う眼帯ですが、実はこの眼帯姿は後世に創作されたものでした。

温泉マークの湯気はもともと直線だった?-時代とともに変化してきた形

温泉マークが登場するのは、1887年(明治20年)頃に作成された地図で、丸い湯船(ゆぶね)から3本の湯気が立ちのぼる姿が見られます。が、当時のマークは、現在のように揺らいではいません。その後、いったんは湯気が揺らぐデザインとなりますが、時代とともに変化し、2002年(平成14年)になって、現在おなじみのデザインとなったのです。

戦国時代に敵陣でのんきに鷹狩りをしていて命を落とした武将がいた?

織田信長や豊臣秀吉に仕えた戦国武将・中川秀正(なかがわ ひでまさ、1569 - 1593)は、”油断”しすぎていて命を落としたことで知られています。秀正は、豊臣秀吉の命を受けて朝鮮出兵しましたが、江原道水原城の戦いの合間に敵陣でのんきに鷹狩りをしていたところを、敵に囲まれて死亡してしまいました。享年(きょうねん)25歳でした。

「ベルサイユのばら」の最終回はどうなる?

パリでは、王政(おうせい)に対する不満から、革命(かくめい)の機運(きうん)が高まっていました。近衛兵(このえへい)の隊長であるオスカルは、自分の行く道に迷います。その中で、いつも側(そば)にいたアンドレへの愛に気づき、2人は契(ちぎ)りを交わし、永遠の愛を誓(ちか)い合います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告