料理一覧

えっ? 「戦艦大和」の船内にはラムネ工場があった?

真珠湾攻撃のあった8日後の1941年(昭和16年)12月16日に就役(しゅうえき)した「戦艦大和」。その全長は263メートル、排水量は6万9600トンという、世界最大級の戦艦です。実は、これら当時の戦艦には消火用に炭酸ガスの発生装置がついており、これとシロップ、そして水を混ぜれば、ラムネができたのです。ただし、ラムネの配給は上官優先で、末端までは届かず、ラムネ当番だけが自由に飲めたといいます。

高級魚の代名詞・「マグロのトロ」は、なんと、江戸時代は捨てられていた?

現代において、マグロは高級魚の代名詞。なかでも、脂(あぶら)の乗った「トロ」は大人気で、脂肪分の多さによって、大トロや中トロなど、何種類にも分かれているほどです。しかしながら、江戸時代はマグロと言えば「赤身」であり、脂が多くて鮮度が低いトロは、寿司の種類の中で最も安い部位で、捨てられることも多かったといいます。

あなたが普段よく飲むドリンクには、危険レベルの砂糖が入っている?

あなたが普段よく飲んでいるドリンクには、危険レベルの砂糖が入っている可能性があることをご存じですか?世界保健機構(WHO)の指針によれば、砂糖摂取の適量(主食を除く)は成人1日あたり25グラム(ティースプーン6杯分)とされています。25グラムと聞くと、きっとあなたは多いように感じるかも知れません。しかし実は、日常的に飲んでいる飲み物だけでも、十分オーバーする量なのです。

「果糖ぶどう糖液糖」とはどのようなもの?-JASで果糖分が50%以上のもの

「果糖ぶどう糖液糖」とはどのようなものなのでしょうか?1980年(昭和55年)に日本農林規格(JAS)で、ぶどう糖を果糖に変えた異性化液糖(いせいかえきとう)のうち、果糖分が50%以上のものを「果糖ぶどう糖液糖」、50%以下のものを「ぶどう糖果糖液糖」と呼ぶことになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告