料理一覧

「土用の丑の日」は、平賀源内のアイディアで生まれたものだった?

「土用の丑の日」がウナギを食べる日となったのは、江戸時代の医者・文学者・俳人・地質学者・発明家と、多彩な才能を発揮した平賀源内(ひらがげんない、1728年(享保13年) - 1780年(安永8年))の発案によるものだといわれています。あるとき、彼はウナギ屋に、「夏でも客が来るようなアイディアを考えてくれ」と頼まれました。 そこで、「土用の丑の日はウナギの日」という宣伝コピーを考えました。これが、いつの間にか定着して、この日にウナギを食べる習慣ができてしまったといわれています。

おいしいスキヤキをつくるには? – 知っておきたい3つの基本

スキヤキほど、そのつくり方をめぐって、意見が分かれる料理はないでしょう。大きな”論点”は、割り下(わりした)を使うかどうかと、肉をどのタイミングで入れるかです。そのあたりは、各自の自由研究に任せることとして、ここではどんな流儀(りゅうぎ)にも当てはまる3つのコツをご紹介します。

「日の丸弁当」の名前の由来は? – ご飯の中央に梅干し1個を乗せた様子が日の丸に似ていることから

「日の丸弁当」は、ご存知の通り、弁当箱に詰めたご飯の中央におかずとして梅干し1個だけを乗せたものですが、この様子(ようす)が日本の国旗(日の丸)のデザインに似ていることからこの名があります。日の丸弁当は、戦前からありましたが、特に戦時中、毎月1日に設定されていた「興亜奉公日(こうあほうこうび)」の食事に奨励(しょうれい)されたことで知られており、戦時中の代表的な食べ物のひとつと考えられています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告