梨の有名品種「二十世紀」は、なんと、ゴミ捨て場から拾われた若木から生まれた?

 

二十世紀 梨

鳥取県は、梨の品種「二十世紀」の産地としても有名です。
しかしながら、この品種が生まれたのは、実は千葉県松戸市(ちばけん まつどし)です。
当時、13歳だった松戸覚之助(まつど かくのすけ)が、親戚の家のゴミ箱で見つけた梨の若木(わかぎ)を拾って育てたのがその始まりでした。

この若木は、10年後に実をつけましたが、食べてみると、甘くて果汁に富んでいることから評判となり、1898年(明治38年)に、来るべき世紀の王者になる果実ということで「二十世紀」と名づけられ、その後各地で栽培されるようになりました。

「二十世紀」が鳥取県で栽培されるようになったのは、1904年(明治37年)になってからで、当初10本だった苗木を親木(おやぎ)として、その数を増やしていったといいます。

 

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください