台風が秋に集中して上陸するのは何故?-太平洋高気圧の衰えが原因だった

台風 上陸

年によっては、梅雨(つゆ)の時期に上陸したり、12月になってからも台風がやってきたりすることもありますが、普通の年は、台風の上陸は、だいたい秋に集中しています。

これは、何故なのでしょうか?

日本では、確かに台風の上陸は秋に集中しています。
が実は、”台風そのものは、一年中発生しているのです”。

台風は、熱帯性低気圧の規模(きぼ)の大きなものなので、その進行をさえぎるものがあれば、それを避けて進もうとします。

日本列島は、太平洋高気圧にすっぽり覆(おお)われていることが多いので、台風は近づこうとしてもそれてしまいます。
ところが、”8~9月になると、この太平洋高気圧の勢力(せいりょく)が衰えて、台風の通路ができます”。

そして、ちょうどこの時期に、日本の近くに台風が接近することが多いので、そのまま上陸ということになるわけです。

台風 接近上陸
写真は、こちらからお借りしました。

冬になると、日本はまた高気圧に覆われることが多くなるので、台風は近づくことができません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告