「1馬力」は、馬1.5頭分の力だった?

「馬力」は、「ばりき」と読みます。そして、「1馬力」とは、75kgの物を1秒間で1m持ち上げる力をいいます。「馬力」という単位を制定したのはイギリスの発明家・ジェームス・ワットです。彼は蒸気機関の動力を、当時の人々に分かりやすく伝えるためになじみ深い馬を引き合いに出しましたが、1馬力は実際の馬で言うと1.5頭分に相当するものでした。

初めて使い捨てカイロを発売したのは、あの有名お菓子メーカーだった?

使い捨てカイロは、1975年(昭和50年)に、アメリカ陸軍が使用していたフットウォーマーを元に、旭化成工業(現・旭化成)が鍼灸師ルート等を通じて販売した「アッタカサン」を原型として、日本純水素(現・日本パイオニクス)が1978年(昭和53年)に開発し、「ロッテ電子工業(現・ロッテ健康産業)」が「ホカロン」の商品名で発売しました。

日本の「ポッキー」は、海外では「ミカド(Mikado)」になる? – 「Pocky」は男性器を示す隠語

日本の菓子メーカー・江崎グリコが1966年(昭和41年)から販売しているスナック菓子「ポッキー」。この商品ですが、海外では「ミカド」という商品名で売られていることをご存じですか?実は「ポッキー」を「Pocky」と英語にすると、男性器を示す隠語になってしまいます。そこで、ヨーロッパではポピュラーなゲームである「ミカド」で使用する棒に似ているところから、「Mikado」という商品名になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告