ビール瓶はそもそも何故茶色い?

ビール瓶

ビール瓶は茶色ですが、そもそも何故茶色のものが使われているのでしょうか?

実は、ビールはとても繊細な酒です。
長時間光にさらされると、ホップが化学反応を起こして悪臭(スカンキーといいます)を放ち、風味が落ちてしまいます。

ビール瓶のほとんどが茶色なのは、この色が光の遮断性(遮光性)に優れ、またおいしさや品質を保持するのに理想的な色だからです。

光には、さまさまな波長があります。
その中には、光酸化を起こしやすい波長も存在します。
茶色は、その波長を最もカットする色であり、その遮断率は黒よりも高いといいます。

ビールの好きな猫
ビールの 好きな 猫
写真は、こちらからお借りしました。

また、ビールは、25~30度を堺に、急速に劣化(れっか)していきます。
これは、麦芽(ばくが)に含まれる酵素の一部が酸化してしまうために起こります。

凍るほどの低温下においても、劣化は進んでいきます。
つまり、ビールをおいしく保存するためには、瓶の遮光性だけでは不十分で、温度管理も重要なのです。

ビールを保存するのに理想的な温度は、12度前後だといいます。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください