「もーれつア太郎」の歌を歌っていたのは、元お笑いタレントの島田紳助だった?

赤塚不二夫とフジオプロによる、江戸っ子気質が色濃く残る東京下町を舞台にした、人情ものの雰囲気をもつギャグ漫画「もーれつア太郎」。

もーれつア太郎
写真は、こちらからお借りしました。

正確には、「新・もーれつア太郎」の方ですが、オープニング、エンディングテーマともに歌っていたのは、元お笑いタレントの「島田紳助(しまだ しんすけ)」でした。


もーれつア太郎(新) OP がってん承知ノ介/島田紳助&バスガス爆発楽団

島田紳助は、元お笑いタレント、実業家です。
1974年から吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。
2011年に、芸能界を引退しました。

島田紳助は、18歳の時に、「B&B」に憧れて、師匠の島田洋之介・今喜多代(後・今日喜多代)に弟子入りをします。
そして、1977年9月に、松本竜介(解散後「松本竜助」に改名)と漫才コンビ「紳助・竜介」を結成。
その芸風は「ツッパリ漫才」と呼ばれ、若い男性を中心に爆発的人気を得ます。

そして、1980年頃からの漫才ブームにおいて、関西の雄(ゆう)として一翼(いちよく)を担(にな)った他、後輩の「ダウンタウン」にも大きな影響を与えます。

が、1990年代に入ってからは、お笑い以外でのテレビ出演も増えていきます。
テレビ朝日・ABC「サンデープロジェクト」の司会に起用され、話題を呼んだことを皮切りに、司会者としての仕事が増えていき、「EXテレビ」、「ダウトをさがせ!」、「開運!なんでも鑑定団」などが人気番組となります。
やがて島田紳助は、司会者としての地位を不動のものにしていきます。

「もーれつア太郎」は、そんな島田紳助が、転換期に入った頃のアニメソングの仕事となります。
このアニメは、1990年4月21日から同年12月22日まで、テレビ朝日系にて放送されましたが(全34回)、主題歌を島田紳助が歌ったことも話題のひとつとなりました。

 
Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

マジックミラーは、どういう仕組み?

マジックミラー

警察署の取調室などには、マジックミラーが使われています。
これは、取調室から見るとただの鏡ですが、隣の部屋からは取調室の中がよく見えるというものです。

片面が鏡で片面が透明ガラスでも使っているのかと思いきや、そうではありません。
部屋の明るさを利用したものなのです。

最近では珍しくなりましたが、すだれというものがあります。
このすだれを窓にかけると、昼と夜とで家の中の見え方が違います。
昼間は、外よりも部屋の中の方が暗いので、外からは部屋の中の様子は見えません。
が、夜になると、明かりのついた部屋の中の方が外よりも明るくなるので、今度は部屋の中の様子がはっきりと見えるようになります。

実は、マジックミラーも、これと同じ原理なのです。

光は、明るい方からも暗い方からも出ているのですが、”明るい方から出る光の方が多いため、明るい方の様子が一方的に見えるのです”。

取調室の光も隣の部屋の光も、一部は鏡を通り、一部は反射しています。
が、取調室の方を明るくしておくと、反射する光も鏡を素通りする光も、取調室のものの方が多くなります。
そうすると、取調室では鏡に見えますが、薄暗い隣の部屋では透明ガラスに見えるわけです。

なので、部屋の明るさを逆にすると、取調室から隣の部屋が見られるようになります。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

塩分を適度にとる人の方が低血圧だった?

高血圧 減塩

高血圧や、脳卒中(のうそっちゅう)の敵ということで、すっかり嫌われてしまった塩分。

「塩は、とらなければとらないほど体に良い」と信じ、食卓から徹底的に塩を排除(はいじょ)した人もいるようです。

この”嫌塩”に警鐘(けいしょう)を鳴らしたのが、東京医科歯科大学の難治疾患(なんちしっかん)研究所の田中平三教授の研究報告です。

この研究所で、40代の男女2300人を調べたところ、今までの常識とは逆に、”塩分を多くとっている人の方が、かえって血圧が低い”ことが分かったというのです。

また、高塩分なのに低い血圧のグループに入る人たちの食生活について、さらに詳しく調査した結果、塩分を多くとっている人ほど食事のバランスが良く、牛乳を多く飲み、アルコールは控えめで、適度な運動をしていたといいます。

つまり、塩分のとりすぎはいけませんが、極端に嫌うと、逆に食生活のアンバランスを招いてしまう。

塩分を気にして、味気ない食事をするのではなく、いろいろな物をバランス良く食べて、食生活を楽しむゆとりをもつことが大切なのです。

参考にしたサイト
必ずしも塩分を多くとるから高血圧になるとは限らない? | ねころび鍼灸道
http://nekorobi.info/archives/59

 
Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

「日の丸弁当」の名前の由来は?

日の丸弁当

日の丸弁当(ひのまるべんとう)は、ご存知の通り、弁当箱に詰めたご飯の中央におかずとして梅干し1個だけを乗せたもので、日本の国旗(日の丸)のデザインに似ていることからこの名があります。

日の丸弁当は、戦前からありましたが、特に戦時中、毎月1日に設定されていた「興亜奉公日(こうあほうこうび)」の食事に奨励(しょうれい)されたことで知られており、戦時中の代表的な食べ物のひとつと考えられています。

興亜奉公日というのは、国民精神総動員運動の一環として、1939年9月から1942年1月まで実施された生活運動です。
この日は、戦場での兵隊の苦労を偲(しの)んで、日の丸弁当だけで質素(しっそ)に暮らすことが奨励されました。

日の丸弁当が奨励されたのは、特に小学校・中学校で、学校に通う子供たちは、昼食に日の丸弁当を持参しました。
陸軍省では、毎月7日を「日の丸デー」と定め、7銭の日の丸弁当を売って恤兵(じゅっぺい、=戦地にいる兵士のために金銭や品物を贈って慰問(いもん)すること)の費用を捻出(ねんしゅつ)しました。
鉄道の駅弁もやがて、日の丸弁当のみに制限されるようになりました。

日の丸弁当の外観は、最初に述べたように日本国旗のイメージに重なるため、愛国弁当としても意味づけられました。
戦時中は特に、愛国心を煽(あお)るために、「日の丸弁当」と呼ばれたといいます。

かくして、「日の丸弁当」の名は、国民精神総動員のスローガン「欲しがりません、勝つまでは」とともに戦時中の流行語にもなりました。

昭和初期の江戸川乱歩の人気小説「怪人二十面相」でも、倹約(けんやく)の象徴として日の丸弁当の場面が盛り込まれるようになった一方、こうした精神論を吹き込む運動を形式主義とし、「御役人衆はうんと旨い物を召し上がって能率を倍加して貰いたい。民衆は日の丸弁当よりも、てきぱきと公務を進捗して貰うことを要望するものである」との批判もありました。

ちなみに、和歌山県日高郡の旧南部川村(後のみなべ町)は梅干しの生産で知られていますが、日の丸弁当の登場によって梅干しの需要(じゅよう)が伸び、さらに、当時の日本軍の弁当に用いられて好評を得たことで、南部梅の基礎となりました。

参考にしたサイト

日の丸弁当 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/日の丸弁当

 
Posted in 語源・由来 | Leave a comment

働きアリは意外と怠け者?

アリとキリギリス イソップ
写真は、こちらからお借りしました。

「働きアリ」と聞くと、その名前から、いかにも1日中休まず働く、”働き者”のアリをイメージします。
イソップの寓話(ぐうわ)・「アリとキリギリス」の中でも、働きアリは怠け者のキリギリスを横目に、せっせと働きます。

しかしながら、この働きアリは、どうも全員がまじめに働いているとは限らないようです。

北海道大学大学院農学研究科の調査グループによると、働きアリの中には仕事をしない怠け者が存在するといいます。

働きアリの主な仕事は、エサの採取(さいしゅ)、卵や女王アリのグルーミング(猫でいうところの毛づくろい)、ゴミ捨てなどで、通常は休まず働いています。

が、この調査グループが、アリを5か月間観察したところ、全体のおよそ2割に当たるアリは、上に述べた仕事を一切せずに、巣の中をウロチョロしたり、自分自身をグルーミングするだけだったといいます。

また、これら2割のアリは、食事に関しても、自分で食べずに、他のアリが持ってきたものを口移しでもらうという、いわばニートのような存在だったというのです。

しかも、この怠け者のアリの割合は、調査した巣1つだけに当てはまるものではなく、すべての集団において同じで、しかも、怠け者のアリを排除(はいじょ)しても、今まで休まず働いていたアリが今度は怠け者に変わるだけで、この2割という数字はまったく変わらないというのです。

ともあれ、働きアリというのは、名前に反して、意外と怠け者のようです。

参考にしたサイト

働きアリの2割は怠け者!?【働きアリの法則】 | Ofee
http://ofee.tank.jp/ant/

 
Posted in 雑学 | Leave a comment