トランプカード1組は、何故「13枚×4マーク」でできている?

 

トランプ

トランプの起源については、良く分かっていませんが、占いのタロットカードが変化してできたものと考えられています。

タロットカードは、インドや中東地区で発明され、中世ヨーロッパに伝わりました。
トランプの、「13」枚という数字の意味は、占いで使用されていたことに関係しています。

また、中世ヨーロッパには、4つの身分がありました。
細かく占いをするためには、占いを受ける人の身分も、分ける必要がありました。
トランプの「4」種類のマークは、”4つの社会構成のシンボル”を示しているのです。

それにしても、13というのは、西洋では不吉な数。
しかも、トランプは、この不吉な数がご丁寧にも4種類で1組となっています。
何故、このような縁起の悪い枚数のセットで構成されているのでしょうか?

その理由は、ズバリ、トランプが”1年を表わしているから”です!

えっ? それは一体どういうことなのでしょうか?

トランプの数字1~13を、すべて合計すると、

「1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12 + 13 = 91」。

ですね。
そして、これが4種類あるので、

「91 × 4 = 364」

となります。

あれっ? 1年は365日。
1枚足りませんね?

でも、思い出して下さい。
トランプには、他に「ジョーカー」がありましたね。

「364 + 1 = 365」 で1年、というわけです。

でも…、1年は、いつも365日ではなく、1日多い「うるう年」というのもありますね?

ご安心下さい! そのために、トランプには「エキストラジョーカー」が用意されています。

「365 + 1 = 366」、これで完璧です!

さらに、

4種類 = 四季
1組52枚 = 1年が52週あること

をも示しているのです。

かように、トランプ1組が13枚×4マークになっているのには、深い意味があったのです。

ちなみに、トランプには、各種類J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)と、3枚ずつ計12枚の絵札がありますね。
が、良く見ると、それぞれの顔の表情が、少しずつ違っています。
これは、デザインのモデルになった人が、それぞれいるからです。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

トランプの絵札の意外なモデルたちとは? | 雑学とトリビアの杜
http://www.zatsugaku-trivia.com/zatsugaku/トランプの絵札の意外なモデルたちとは?.html

なんと! トランプの絵札には、アレキサンダー大王、ダビデ王、カール大帝、シーザー、ラーンスロット…と、世界史を代表する、錚錚(そうそう)たるメンバーが勢ぞろいなのです!

これはもう、日本のお札に描かれた福沢諭吉や新渡戸稲造などの偉人たちも、真っ青になって逃げ出すほどの豪華(ごうか)さですね。

参考にしたサイト
トランプの意味って何?実は数字やマークにはこんな意味が… | ライフアップワン
http://life-up1.com/716.html

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

えっ! 太陽活動が活発になると、病人が増える?

太陽 フレア

地球は、大きな磁石のようなもので、一定の磁気をもっています。
が、これが太陽によって乱されることがあります。

太陽の黒点は、大きな磁力をもっているので、この近くで爆発が起こると、地球の磁場(じば)が乱れ、特にひどく乱れることを”磁気嵐(じきあらし)”といいます。

そして、地磁気(ちじき、=磁気と磁場の総称)の乱れは、地球の磁場だけでなく人間の体にも影響を及ぼします。

それでは一体、どのような影響が出るのでしょうか?

まず、心拍数が乱れます。
このため、”心臓麻痺(しんぞうまひ)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、高血圧など、心臓や血管に磁気をもっている人は悪化する恐れがあるのです”。
心筋梗塞の場合、地磁気が乱れた日に患者が増加することが、データではっきりと示されています。

ロシアの黒海沿岸のソチ市では、市営の太陽医学サービスで磁気嵐警報を発して、循環器(じゅんかんき)系の病気の患者に注意を促しているそうです。

そのほか、地磁気の乱れで緑内障(眼球の病気)、腎臓病、胃潰瘍(いかいよう)、癲癇(てんかん)、リウマチなども悪化することが分かっています。

さらに、精神活動においても、地磁気の乱れを含めた太陽活動に大きな影響を受けます。
総合失調症(旧・精神分裂症)の患者数も、太陽活動の周期によって増減するそうです。

Posted in お役立ち情報 | 2 Comments

未来がやって来た! 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する自動で靴紐を締める靴がついに一般発売予定

Nike HyperAdapt 1.0_01

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する、靴を履くと自動で靴紐を締めてくれるNIKEのスニーカーが、ついに一般発売されます。
昨年末には、このスニーカーのレプリカ「NIKE MAG」が、オークション型式で発売されると発表されましたが、今回発表された「Nike HyperAdapt 1.0」は、オークション型式ではなく一般発売です。

この靴には、かかとの部分にセンサーが設置されており、靴底に埋め込まれたパーツが靴紐を締めたり緩めたりしてくれます。
また、靴の側面には「締める」「緩める」のボタンがあり、自分好みの締め心地に調整が可能です。

Nike HyperAdapt 1.0_02

クリスティアーノ・ロナウドが、「Nike HyperAdapt 1.0」を実際に履いている様子をTwitterに投稿していますが、履き心地はなかなか良さそうです。

この靴の発売予定は2016年末となっており、色は3色が予定されていますが、街の靴屋やスニーカーショップで購入ができるわけではありません。
まずはNIKE+のメンバー限定で発売予定で、価格は未定となっています。

が、この靴に埋め込まれたメカは、一体どういう仕組みで靴紐を締め、また電力を供給するのでしょうね。
このメカは、かなりの振動に耐えられる必要があります。
とりわけ、どうやってメカに永続的に電力を提供するのかが気になるところです。
見たところ、太陽電池らしきものは見当たりません。
歩くことで起電され、内蔵されたバッテリーに充電が行なわれるのでしょうか?

これらについては、現在のところ明らかにされていないようです。

参考にしたサイト
未来が来た!NIKE、自動で靴紐を締める「Nike HyperAdapt 1.0」を発表! ― 2016年末発売予定
http://www.danshihack.com/2016/03/18/junp/nike-hyperadapt.html

Posted in バラエティー | Leave a comment

ラガービールとドラフトビールの違いは?

ビール

ビールには、ラガービールとドラフトビールの2種類があります。

普通のビールをラガービール、生ビールをドラフトビールと思っている方も多いようですが、本当は、どういった違いがあるのでしょうか?

もともと、ラガーとは「貯蔵する」という意味です。
ビールは、一次発酵(はっこう)させたあと、熟成期間をおいて二次発酵させます。
ビールの糖分をアルコールに変えて、炭酸ガスを十分に含ませるためです。
この二次発酵をしていればラガーになるので、これを熱処理しようが生であろうが、ラガービールに変わりはありません。

一方、ドラフトというのは「引っ張り出す」という意味です。
こちらは、樽(たる)から注ぎ出すビールのことです。
ヨーロッパでは、熱処理をした樽詰めのビールのことを、ドラフトビールと呼んでいるようです。

なので、”本来の意味からすれば、ビンや缶に詰められたビールはドラフトビールではない”ということになります。

が最近では、缶ビールの商品にも「ドラフト」の文字が使われており、これらの意味は、あいまいになってきているようです。

Posted in 雑学 | Leave a comment

おいしいスキヤキをつくるために知っておきたい、3つの基本とは?

スキヤキ

スキヤキほど、そのつくり方をめぐって、意見が分かれる料理はないでしょう。
大きな”論点”は、割り下(わりした)を使うかどうかと、肉をどのタイミングで入れるかです。
そのあたりは、各自の自由研究に任せることとして、ここではどんな流儀(りゅうぎ)にも当てはまる3つのコツをご紹介します。

まず、必ず守りたいのは、肉とシラタキは離して入れるということ。
シラタキは、そもそもコンニャクイモと石灰水を混ぜてゆでたもの。
この石灰分に含まれているカルシウムは、まさに肉の天敵。
肉を黒ずませ、かたくしてしまいます。
肉が右なら、シタタキは左に。
天敵同士はなるべく顔を合わせない方が良いのです。

第二は、スキヤキはできるだけ熱いほうがおいしいということ。
温度にして95度ぐらいが一番おいしいといわれます。
卵につけて少し温度が下がることを考えれば、事実上、沸騰(ふっとう)しているぐらいがちょうど良いです。

第三は、スキヤキの主役である肉を大事に扱うこと。
鍋の中が混(こ)んできたからといって、丸めたまま放り込むなどはもってのほか。
肉は、1枚1枚ていねいに、のびのびと焼くことです。

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment