「魔女っ子メグちゃん」の最終回はどうなる?

ひろみプロ、成田マキホ原作のテレビアニメ・「魔女っ子メグちゃん」で、最終回はどうなるのでしょうか?


写真は、こちらからお借りしました。

魔界(まかい)の女王になるために、人間界へ修行(しゅぎょう)に来たメグ。
が、ある日、その修行期間の終わりを告げるハトが、メグのもとにやってきます。
ついに、魔界の女王が、メグとノンの、どちらかを後継者(こうけいしゃ)に決める日がやって来たのです。

魔界に戻るということは、人間界から去るということです。
メグは、神崎家の家族として過ごした日々を思い、魔界には帰らないとマミに告げます。

人間界のママとしてメグを迎えたマミも、当然メグとの別れを望んではいません。
しかしながら、メグの将来のことを考え、家からメグの居場所を消し去ってしまいます。

そしてさらに、パパやラビ、アポに魔法をかけ、2人のメグに関する記憶も消してしまいます。

それを見たメグは、人間界への未練(みれん)を残しながら、迎えに来た馬車に乗って、魔界へと戻っていきました。

メグのいない、神崎家の食卓。
ママ以外の誰もが、違和感(いわかん)を覚えていました。
どうも、家族が1人足りない…、そうだ、メグがいないのだ! と皆が気づきます。
その瞬間(しゅんかん)、ママは再び魔法を使い、皆の記憶からメグの存在を消し去ります。

しかしその夜、ラビとアポは、メグの夢を見ます。
そして再び、彼女の存在に気づきます。
アポは、家にいないメグを探して、大雨が降る中を、1人で家を飛び出してしまいます。

アポの不在(ふざい)に気づき、慌(あわ)ててアポを探しに出たパパとママ。
が、見つけたときには、アポは高熱を出して倒れていました。

一方、魔界では、メグとノンが女王に謁見(えっけん)し、決定の瞬間まで待機(たいき)するよう命じられていました。
そこで、メグの名前を呼びながら、高熱でうなされているアポのことを知ったメグは、人間界に戻ろうと決意します。
が、ノンが、その邪魔をします。
これは、晴れて女王になるために、メグを倒しておきたいとのライバル心からです。

そして2人は、女王から待機命令を受けている身であるにもかかわらず、決闘(けっとう)を始めてしまいます。

魔法での勝負では、ノンが優勢(ゆうせい)。
が、一刻も早くアポの所へ行きたいメグは、魔法なしの取っ組み合いのケンカに持ち込みます。
ボロボロになった2人を見た女王は、メグには「人間におぼれすぎ」、ノンには「人間を知らなさすぎ」との理由で、再度人間界での修行を命じます。

こうして、メグは何事もなかったかように、再び神崎家に戻るのでした。

なお、最後にメグは、テレビの前の視聴者(しちょうしゃ)に、メグを忘れない魔法をかけます。
思わずドキッ!とさせられる、粋(いき)なラストシーンです。

「魔女っ子メグちゃん」のテレビ放送。
1974年4月1日- 1975年9月29日(全72回)

 
Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

難しい交渉は、夕方にすると成功率がアップする?

ビジネス 交渉

「今度の交渉、うまくいくかどうか、ちょっと不安だなあ」

そんなときは、交渉を夕方にしてみるとよいでしょう。
何故ならば、交渉ごとは、午後3時以降のほうがまとまりやすいからです。

アメリカで、以下のような実験が行なわれたことがあります。
男女5人ずつを1時間、明るい部屋と暗い部屋に入れました。
すると、明るい部屋では、10人がいっしょになって会話が飛び交い、話題が発展していきました。

ところが、暗い部屋では、はじめこそ10人で会話していましたが、会話はどうにも盛り上がりません。
やがて、男女は移動しはじめ、気に入った人同士が集まって会話をするようになったのです。

これは、男女の恋愛をイメージした実験ですが、この結果を詳細に分析すれば、ビジネスの交渉にも応用ができるはずです。

明るい部屋では、周囲がはっきりと見え、相手のいろいろなところが見えてきます。
そのため、恥ずかしさやためらいなども出ます。

しかしながら、暗い部屋では、周(まわ)りがぼんやりとしか見えないため、話している相手とだけコミュニケーションをとろうとするようになります。

つまり、明るい昼間に交渉すると、あなたの話の欠点などがよくみえ、会話ははずむものの、お互いの意見をぶつけるだけで終わりやすいのです。

それに比べて、暗い夕方に交渉すると、お互いにコミュニケーションをとろうとする意識が生まれ、交渉もまとまりやすくなるのです。

苦手な人と交渉する場合でも、午後3時以降のほうが、相手のふところに飛び込みやすくなります。
その場合、相手のオフィスなど、相手のホームグランドよりも、外の喫茶店などに誘い出したほうが、より相手とコミュニケーションをとりやすくなります。

 
Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

どこからでも切れる「マジックカット」の秘密は?

マジックカット
写真は、こちらからお借りしました。

しょう油やソースなどの調味料の小さな袋から、お菓子類、詰め替え用シャンプーの袋まで、さまざまな所で、

「どこからでも切れます」

という文字を見かけるようになりました。

これは、どのような仕組みになっているのでしょうか?

これは、「マジックカット(Magic Cut)」と呼ばれる特許技術です。
旭化成パックスという会社が、登録商標を取得しています。

どこからでも切れる秘密は、袋の端にあけられた無数の小さな穴にあります。
0.5ミリ程度の極めて小さな穴が、1ミリ間隔で碁盤目状(ごばんめじょう)にあけられているのです。

開発当時、この会社の専務が新幹線に乗った際、おつまみパックの口がどうしても切れず、結局つまみなしでビールを飲むということがありました。
これが、このマジックカット開発のきっかけだったといいます。

なお、マジックカットが採用されている製品には、口をあけたシェフのようなマークがついています。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

太陽は50億年後になくなってしまう?

燃える 太陽

太陽は、地球ができた数千年前に、万有引力によって、次々と周りのガスや元素を取り込んで誕生したとされます。
月は、原始の地球に小天体が衝突(しょうとつ)し、その破片が集まってできたとする説が有力です。
いずれも、今から約46億年前の出来事です。

さて、この世に存在するものには、みな寿命があり、永遠というものはありません。
太陽に関していえば、その寿命は100億年です。
ということは、あと50億年ほどで、太陽は寿命を迎えることになります。

そのとき、太陽は一体どうなってしまうのでしょうか?

寿命が近づくにつれて、太陽は大きく膨(ふく)らんでいき、「赤色巨星(せきしょくきょせい)」という大きな恒星(こうせい)に姿を変えます。
がこのとき、どのくらいの大きさにまで膨らむのかについては定かでありません。

一説によれば、現在の大きさの200~300倍くらいまで膨らみ、その後は縮んで、地球くらいの大きさの「白色矮星(はくしょくわいせい)」になると考えられています。

それでは、太陽が膨らんだとき、地球はどうなってしまうのでしょうか?

これには、2つの説があります。
ひとつ目は、「巨大化した太陽に、地球は飲み込まれてしまう」というもの。
ふたつ目は、「地球は今よりも外側の軌道(きどう)へ移動して、飲み込まれない」というものです。

がそもそも、今から10~20億年後には、太陽の温度が少しずつ上がっていて、地球は既に、生物が棲(す)めない星になっていると考えられています。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

「ちゃりんこ」の語源は?

自転車 ちゃりんこ

自転車のことを、「ちゃりんこ」「ちゃり」などと呼びます。
これは、何故なのでしょうか?

これには、2つの説があります。

ひとつ目は、「擬音語(ぎおんご)」説。
「チャリンチャリン!」と鳴る、自転車のベルの音からきているというものです。

そして、もうひとつは「韓国・朝鮮語」説です。
韓国では、自転車のことを「자전거(チャジョンゴ)」といい、ここから「ちゃりんこ」と呼ばれるようになったというものです。

ちなみに、名古屋を中心とする東海地方では、自転車のことを「ケッタ」といい、「ケッタマシーン」、あるいは「ケッタクリマシーン」とも呼ばれます。
語源は明らかではありませんが、自転車のペダルを「蹴(け)る」または「蹴り続ける」ところからきているようです。

 
Posted in 語源・由来 | Leave a comment