えっ? 宝くじよりも隕石に当たって死ぬ確率の方が100倍高かった!? – アメリカのテュレーン大学の衝撃的な論文

宝くじ 1等

誰もが一生に一度は当たってみたいと思う「宝くじ」の1等。
この1等が当たる確率は、一体どれくらいなのでしょうか?

宝くじで1等が当たる確率はどれくらい?

誰もが一生に一度は当たってみたいと思う「宝くじ」の1等。
2018年(平成30年)の年末ジャンボ宝くじの1等当選金額は、前後賞を合わせて10億円。
1等が当たる確率は、2000万分の1です。

2014年(平成26年)、アメリカのテュレーン大学(テュレーンだいがく、Tulane University)地球科学部教授スティーブン・A・ネルソン氏が、衝撃的な論文を発表しました。
その論文によれば、人が一生の間に自動車事故にあう確率は90分の1、火事にあう確率は250分の1、竜巻(たつまき)にあう確率は6万分の1、落雷(らくらい)は13万5000分の1、サメに襲われる確率は800万分の1、アメリカの宝くじ・パワーボールに当たる確率は1億9500万分の1になるといいます。

驚く猫「ええっ! そうなの?」

さらに、局所的な隕石(いんせき)、小惑星(しょうわくせい)、彗星(すいせい)の衝突(しょうとつ)で死ぬ確率は160万分の1。
つまり、宝くじに当たる確率よりも、隕石(いんせき)に当たって死ぬ確率の方が100倍以上高いという衝撃的な結果が出たのです。

おわりに

「いいかニャ? 宝くじを買ったら、神棚(かみだな)に上げて、こうやって両手を合わせ、『神様、どうか1等が当たりますように!』と、お願いするんニャよ」「……」
宝くじ必勝法を伝授する猫

今日は、アメリカのテュレーン大学のスティーブン・A・ネルソン教授の計算によれば、宝くじよりも隕石(いんせき)に当たって死ぬ確率の方が100倍高かったという話でしたが、いかがでしたか?

ということは…、隕石(いんせき)に当たって100回死ねば、近いうちに宝くじに当たるということですね。
ということで皆さん、隕石(いんせき)に当たりに行きましょう!(^o^)/

アレッ? (?_?) ちょっと違うか。(爆)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告