人間一覧

戦国時代に敵陣でのんきに鷹狩りをしていて命を落とした武将がいた?

織田信長や豊臣秀吉に仕えた戦国武将・中川秀正(なかがわ ひでまさ、1569 - 1593)は、”油断”しすぎていて命を落としたことで知られています。秀正は、豊臣秀吉の命を受けて挑戦出兵しましたが、江原道水原城の戦いの合間に敵陣でのんきに鷹狩りをしていたところを、敵に囲まれて死亡してしまいました。享年(きょうねん)25歳でした。

警察庁と警視庁の違いは?

警察は、国の機関である警察庁と、第一線を担う都道府県の警察とで組織されています。そして、都道府県の警察のうち、都の警察を警視庁といい、道府県は警察本部と呼びます。警察庁は、国全体の警察事務を担当し、警視庁は、道府県警察本部と同様の仕事を東京でしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告