静止衛星は、何故止まっていられる?

静止衛星とは、高度約36,000キロメートルの赤道上空を回る衛星をいいます。この高さで地球の周りを回ると、地球の自転周期と同じ24時間になるため、地上から見ると常に「静止」しているように見えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告