板チョコに「ミゾ」が入っているのは何故?-もともと食べやすさを考慮して入れられたものではなかった

チョコレートを 食べる 少女

板チョコを買うと、たいてい「ミゾ」が入っています。
この「ミゾ」があるために、食べるときにパキッ!と割れて、とても便利です。
しかしながらこの「ミゾ」、もともと食べやすさを考慮(こうりょ)して入れられたものではありませんでした。

それでは一体、何のために入れられたものなのでしょうか?

実はこのミゾは、チョコレートの製造工場(せいぞうこうじょう)において、生産効率(せいさんこうりつ)を上げるために入れられたものだったのです。

板チョコは、液体状のチョコレートを、金型(かながた)に流し込んで、冷やして固めます。
その際、平らな金型では中心部に熱が伝わりにくく、また固めるにも時間がかかってしまい、生産効率があまりよくありません。

そこで、チョコレートが型に接する面積を増やすために、凸凹(でこぼこ)のミゾを入れたのです。
この工夫(くふう)によって、チョコレートは早く固まり、仕上がりのムダも抑えられるようになったのです。

板チョコ

つまり、板チョコのミゾは、食べる人への”厚情”ではなく、”工場”での生産性”向上”のために入れられたものだったのですね。【><】

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*