ヘビ使いは、どうやって聴力のないヘビを操っている?

ヘビ使い

もしあなたがインドへ行って、良く調教されたヘビのそばで、ヘビ使いと同じ笛で、ヘビ使いと同じ曲を吹いたとしたら、ヘビは踊るでしょうか?

答えは、ノーです。何故なら、ヘビには聴覚がないからです。

それでは、何故ヘビは、ヘビ使いの吹く笛にのせられて、曲芸をする(ように見える)のでしょうか。

実は、ヘビ使いは、笛を吹きながら、ヘビの攻撃本能を刺激しているのです。

たとえば、ヘビの入っているツボやカゴを足で揺らしたり、振動を与えたりします。
そうして、ヘビが顔を出すと、ヘビ使いは笛を吹きながら、自分の身体を前後左右に揺らします。

するとヘビは、それに対して相手の出方をみたり、牽制(けんせい)しようとして身体を揺らします。

その様子を、何も知らない観光客が見ると、いかにもヘビが音楽に合わせて踊っているようにみえるというわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告