自動販売機のコイン投入口は「ヨコ向き」が多く、駅の券売機は「タテ向き」が多い?

自動販売機

自動販売機は、商品を内蔵しているため、コインをためるスペースを効率よく確保できる「ヨコ向き」が用いられています。

一方、券売機は、1度に複数枚の硬貨を認証(にんしょう)するため、客の待ち時間を短縮できる「タテ向き」が使用されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告