「ピンハネ」していいのは金銭の1割だけ?

ピンハネ

「ピンハネ」という言葉があります。
「他人に渡すべき金銭などから一部を取って自分のものにすること」「上前(うわまえ)をはねること」という意味ですが、この語源にはポルトガル語が関係しています。

ピンハネの「ピン」は、ポルトガル語の「ピンタ(Pinta)」を略した言葉です。
「ピンタ」というのは、16世紀に日本に持ち込まれたトランプの一種で、「かるた」の語源にもなった「カルタ」の1の札のことを指します。

ここから、「1割りの上前(うわまえ)をはねる」という意味で、ピンハネという言葉が生まれたのです。

なので、1割以上を搾取(さくしゅ)する場合は、本来「ピンハネ」とはいいません。

 
Posted in 語源・由来 | Leave a comment

エベレストの標高は、測量するたびに変わっている?

エベレスト

世界で一番高い山といえば、いわずと知れたエベレスト。
ネパールと中国にまたがる、チベットではチョモランマと呼ばれる、世界最高峰の山です。

このエベレストですが、百科事典などを見ると、多くはその標高を8848メートルとしています。
これは、1954年に、インド測量局(Survey of India)が経緯儀(けいいぎ)を使った三角測量で出した数値です。
そして、これが公式標高として定着しています。

しかしながら、1999年に全米地理学協会がGPSで測定したところ、実は8850メートルだということが判明。

さらに、2005年には、30年前に8848メートルと測定した中国が、山頂にある雪氷の厚さを差し引いた8844メートルだと発表しました。

このように、エベレストの標高は、測量のたびにコロコロ変わっているのです。

ちなみに、エベレストという名前は、前述のインド測量局で長官を務めたジョージ・エベレスト(Sir George Everest、1790年 – 1866年)にちなんで命名されました。

ジョージ・エベレスト
ジョージ・エベレスト
写真は、こちらからお借りしました。

Posted in 雑学 | Leave a comment

 「藪医者」とは、もともと名医のことだった?

 doctor-811455_640

「藪医者(やぶいしゃ)」という、「ヘタな医者、腕の悪い医者」を意味する言葉があります。
が、この言葉はもともと、「腕の良い医者」を表わす言葉でした。

江戸時代中期に松尾芭蕉の弟子だった森川許六(もりかわ きょろく)の編纂(へんさん)した「風俗文選(ふうぞくもんぜん)」によれば、かつては但馬国(たじまのくに、=現在の兵庫県北部)の養父(やぶ)にいた名医を指す言葉だったといいます。

しかしながら、あまりに評判が高くなったことから、「養父から来た医者」を自称するニセモノが続出。
いいかげんな治療をして、高額の治療代を請求。
かくして、「養父医者」の名声は地に落ち、ついには社会問題にまで発展してしまいました。

そしていつしか、この言葉は腕の悪い医者の代名詞となってしまったといいます。

Posted in 雑学 | Leave a comment

なんと! 「オジサン」という名前の魚がいる?

そんな名前の魚がいるわけはないとお思いになるかも知れませんが、なんと、下アゴに2本の長いヒゲをもつ、その名も「オジサン」という魚が存在します。

オジサン
オジサン
写真は、こちらからお借りしました。

この「オジサン」は、ヒメジ科ウミヒゴイ属の魚で、顔の前面にヒゲがあり、正面から見ると、まるで人間のおじさんのようであることからこの名がついたといわれます。

全長は20センチほどで、インド洋や西太平洋に分布するヒメジ化の海水魚です。
日本では、駿河(するが)湾より南の西日本や南日本などに分布しています。

長いヒゲは、泳いでいるときは下アゴの溝にたたみ、海底でエサを探すときにはそのヒゲをせわしなく動かし、小動物などを探して食べます。
食用魚でもあり、煮魚、または揚げ物として食されています。

それでは、「オバサン」という魚は存在するのでしょうか?

正式名称では存在しませんが、千葉県ではヨシキリザメのことを「オバサン」と呼ぶといいます。

ヨシキリザメ
ヨシキリザメ
写真は、こちらからお借りしました。

何故「オバサン」という名前がついたのかは不明ですが、「外観がおばさんっぽい」という理由が考えられます。

また、深海に棲息(せいそく)するタナカゲンゲという魚は、鳥取県岩美町民に「ばばあ(ばば)」と呼ばれています。

タナカゲンゲ
タナカゲンゲ
写真は、こちらからお借りしました。

飛び出した頬骨(ほおぼね)、ギョロッとした目、ギザギザの歯が特徴の魚です。

そしてその鍋料理は、「ばばちゃん鍋」として、地元の人たちに愛されています。

ばばちゃん鍋
ばばちゃん鍋

Posted in 雑学 | Leave a comment

宇宙人からメッセージを受け取った際のガイドラインがあるって本当?

宇宙人から メッセージ_1

万が一、というより、万が一にもない話だとは思いますが、もしも私たち個人が何らかの方法で宇宙人からメッセージを受け取ってしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか?

実は、こんな場合の対処法が、国際天文学連合によって定められているといいます。

それによれば、まず宇宙人からメッセージを受け取ったら、むやみに返信してはいけません。
何故なら、個人向けのメッセージだとみなして返信してしまったら、あなたが地球人の代表だと思われ、個人では解決不可能な、大きな問題に発展してしまう可能性があるからです。

そこで、メッセージを受け取った場合には、返信せずに、各国の天文機関に連絡するのが正解なのです。
連絡先は、日本であれば国立天文台です。

宇宙人から メッセージ_2

そしてその後、連絡を受けた天文機関は、世界各国の関係機関に通知し、各国首脳が協議する場が設けられるのだといいます。

Posted in 雑学 | Leave a comment