「家出のすすめ」を書いた寺山修司は、死ぬまで母親と同居していた?

寺山修司
寺山修司
写真は、こちらからお借りしました。

「家出のすすめ」「書を捨てよ、町へ出よう」などの著作で知られ、多くの若者の思想に影響を与えた寺山修司(てらやま しゅうじ、1935年 – 1983年)。
詩、俳句、戯曲(ぎきょく)、映画、競馬評論と、その活躍の広さは比類がなく、それが今なお正当な評価がなされていない原因かも知れません。

さて、寺山修司は、「家出のすすめ」において、「若者はひとりだちできる自信がついたら、まず親を捨てましょう」と語り、「母は幼い自分をおいて男と駆け落ちした」とか、「父が病死したのも母のせいだ」とか、母をまるで鬼畜(きちく)のように書いています。

また、映画「田園に死す」では、成長した自分が少年時代の田舎にもどって、母親を殺しに行く場面が物語のクライマックスになっています。

これらの寺山作品に影響されて、田舎を捨てたり、親元を離れて自活を始めたという若者が、以前は大勢いたものです。

では、当の寺山本人と母親との関係はどうなっていたかというと、意外にも、寺山が結婚していた一時期をのぞき、死ぬまで母親といっしょに住んでいたというから驚きです。

もっとも、同じアパートの1階と2階だったのですが、寺山は母を連れて食事に出たり、旅先からも土産を買って帰ったりと、素顔はなかなかの孝行息子でした。

また、寺山の主催していた劇団「天井桟敷(てんじょうさじき)」の1階で、母親が喫茶店を経営していたこともあり、劇団のお金がなくなったりすると、寺山は真っ先に母親に相談していたそうなので、むしろ、普通の親子よりも密度感の高い親子だったようです。

それでは、寺山の作品と、実生活のどちらが、本当の姿だったのでしょうか?

これは、非常に判断の難しい問題ですが、おそらくどちらも偽らざる本心だったものと思われます。

母のそばにいたいという自分と、そんな甘えを戒(いまし)める自分。
その葛藤(かっとう)が、寺山作品の原動力だったのかも知れません。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?

リカちゃん
写真は、こちらからお借りしました。

リカちゃん人形の歴史は長く、そもそも1967年に、当時流行していたアメリカ製のバービー人形に対抗して開発されたのが始まりです。

リカちゃん人形は、子供向けの人形として、長い間販売されています。
そのこともあって、ありとあらゆるトラブルに対応できるよう、幾度(いくど)も仕様が変更されています。

靴をはじめとした小物類もその例外ではありません。
たとえば、乳幼児が誤飲(ごいん)した場合に窒息(ちっそく)することがないよう、小さな部品には気道(きどう)を確保するための小さな穴が開けられています。

さらには、誤飲自体を防ぐように、無害な苦味成分が塗布(とふ)されているのです。

長い歴史をもつことで、小さな子供から大きなお友達まで、幅広いファン層をもつリカちゃん人形。
その対応力の広さには、大いに学ぶべきことがあるといえるでしょう。

Posted in 雑学 | Leave a comment

赤を赤と感じなくなるミステリー?-脳の色彩認識の不思議

背景-赤

以前、こんな実験が行なわれたことがあります。
鉄の球の中を完全にくり抜いて、内側を真っ赤に塗ります。
そして、そこを赤い光で照らし、中を覗(のぞ)きます。

まさに、赤一色の世界ですが、この中を1時間も見ているとどうなるか、というのがその実験です。

その結果は、赤みを感じられなくなり、ただぼんやりとした明るさしか感じなくなります。

これは非常に不思議です。
赤一色の世界を見ているのに、赤みを感じなくなってしまうのは何故なのでしょうか?

これは、人間が色を感じるのためには、視野(しや)の中に複数の色が同時に存在していることが条件になっているからです。
つまり、私たちはほかの色と”比較”することによって、その色を認識しているというわけなのです。

雪が降り積もっている風景を、よく「一面の銀世界」などということがあります。
これも、その風景の中には家があったり、木があったりして、白(銀)以外の色がわずかでもあるために”銀世界”と認識できるのです。

太陽も照らさず、影もない雪景色なら(厳密には、このような風景はありえないはずですが)、私たちは、ただ明るいとしか感じなくなるのです。

Posted in 雑学 | Leave a comment

「ニューハーフ」の生みの親は、なんと、桑田圭祐だった?

桑田圭祐
写真は、こちらからお借りしました。

「ニューハーフ」とは、外見からは女性としか見えない男性のことです。
「ニューハーフ」には、格好だけ女装して声は男性という人から、女性としての美を追求した人や、性転換手術を行なって、戸籍(こせき)を男性から女性に変えた人までさまざまです。

また特に、このような容姿を生かして、芸能界やショーパブ、その他風俗店、飲食店などで働く人を指すことが多いです。

さて、この「ニューハーフ」の語源ですが、1980年に、ロックバンド「サザンオールスターズ」の桑田圭祐(くわた けいすけ)と、大阪のショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママであるニューハーフ・ベティとの対談で、

桑田:「外人さんみたいだけどドコとドコのハーフ? 」
ベティ:「男と女のハーフよ」
桑田:「じゃあ、ニューハーフだね」

という会話があり、生まれた言葉です。

つまり、「ニューハーフ」という言葉の生みの親は、なんと、サザンの桑田圭祐だったのです!

そしてこの言葉は、昭和56年(1981年)にデビューしたタレント松原留美子(まつばら るみこ 現:宮崎留美子)が、このキャッチフレーズで売り出したことから一般化し、今に至ります。

なお、「オカマ」の語源は、サンスクリット語の「カーマ」が訛(なま)って「オカマ」になったといわれています。

参考にしたサイト
ニューハーフという言葉はどうやって出来たのですか? – 語源… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014403410
松原留美子さんは今どうしてらっしゃるのでしょう。 – 松原留… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010359140

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

すべてのインチキ商品に通じる手口とは?-知っておきたい共通点

悪徳商法 契約

世の中には、「このツボを買えば幸福になる」とか、「これを飲めばたちまち健康になる」、また「これを食べれば10歳若返る」などといって高価な商品を売りつける、インチキ商品のタネは尽きません。

それもこれも、このようなインチキ商品に、つい引っかかってしまう人がいるからなのです。
あなたもそんな被害者にならないよう、ここではそんなインチキ商品の共通点を考えてみたいと思います。

まずは、「霊感商法(れいかんしょうほう)」と呼ばれるものです。
「あなたの印鑑(いんかん)はたいへん不吉だ。このままでは不幸が起こる」などといって、お客の不安を露骨(ろこつ)にあおることによって、インチキ商品を買わせます。

次に、「健康商法」です。
これも、いたって単純です。
誰でも、程度の差こそあれ、健康には不安を抱いているものです。
このツボを突かれると、わけの分からない高価な健康商品などを、コロリとだまされて買ってしまう人も多いです。

最後は、「利殖(りしょく)」です。
小豆相場だ、金相場だ、などと、世の中にはいきなり電話してくる人がいますが、これも、「うまい話に乗り遅れてはいけない」→「自分だけが損しているのではないか?」という「不安」につけ込んでいるわけです。

結論。
いたずらにお客の「不安」をあおるような商法には要注意。
まずインチキだと思って間違いありません。

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment