「科学忍者隊ガッチャマン」の最終回はどうなる?

吉田竜夫(よしだ たつお)原作のSFアニメ・「科学忍者隊ガッチャマン」(かがくにんじゃたいガッチャマン)のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

科学忍者隊ガッチャマン
写真は、こちらからお借りしました。

ギャラクターが地下へ投下し続ける分子爆弾(ぶんしばくだん)により、地球は滅亡(めつぼう)へと向かっていました。
そんな中、古傷の影響で自分の命が残りわずかであることを知ったジョーは、単身でギャラクター本部へ侵入します。
が、囚(とら)われの身となってしまいます。

健たち4人もジョーの後を追ってやってきますが、本部への入り口が分かりません。
そこへ迫るギャラクターの一団。
こうして、ガッチャマンとギャタクターたちの戦闘(せんとう)が開始されますが、ジュンが追いつめられてしまいます。

と、そこへ現われたのは、なんと、自力で脱出したジョー。
間一髪で、彼女を救います。
そして彼は、健たちに敵本部への入り口を教えますが、もはや動ける状態ではありません。
そこで竜は、ゴッドフェニックスでジョーを運ぶことを提案(ていあん)します。

しかし、今は一刻(いっこく)を争う状況。
健が下した判断は、瀕死(ひんし)のジョーを置き去りにすることでした。
健は、自分のブーメランをジョーの腕に抱かせると、追ってきたギャタクターを蹴散らします。

こうして、健たち4人は敵の地下本部に突入。
そして、ベルクカッツェを見つけた健は、怒りをぶつけるかのようにカッツェを痛めつけます。
カッツェは、総裁(そうさい)Xに助けを求めますが、総裁Xは彼を見捨てて、宇宙へ逃亡。
絶望したカッツェは、マグマの中へと自らの身を投じるのでした。

結果、本部内には、忍者隊と動き続ける投下部隊だけが残されます。
しかしながら、彼らには装置を止める術(すべ)はありません。
そこで健は、自ら装置の中へ潜(もぐ)り込もうとします。
そんな健を、必死で引き留(と)めるジュン。

そのとき、何故か内部で爆発を起こした投下装置が停止。
地球は滅亡を免れたのです。
しかも、地球消滅までのタイムリミットを示すカウンターは、”2”で止まっていました。

”2”は、ジョンのナンバー。
……装置を停止させたのは、潜入した際に放った、ジョーの羽根手裏剣(はねしゅりけん)だったのです。

やがて地上へと戻った忍者隊たちは、健がジョーに渡したブーメランを発見。
が、ジョーの姿はどこにもありません。
自分の命と引き換えに、地球を救ったジョー。
その真の活躍(かつやく)には、健たちでさえ気づかなかったのです……。

「科学忍者隊ガッチャマン」のテレビ放送
1972年10月1日 - 1974年9月29日(全105話)

 
Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

プロレスの「リング」は、四角いのに何故「輪」なのか?

ボクシング

プロレスやボクシングの競技場(きょうじぎょう)のことを、「リング(ring)」といいます。
結婚指環をリングというように、リングとは「輪」のことです。

それにもかかわらず、四角い形の競技場を「リング」と呼ぶのは何故なのでしょうか?

その理由は、オリンピック競技場でもあるレスリングの丸いリングを見ると納得します。
実はもともと、格闘技(かくとうぎ)は四角ではなく、レスリングのような丸い輪の中で行なわれていたのです。

かつての競技場は、人が手をつないで輪を作り、その中で戦ったというのが通説になっています。
がやがて、観客が見やすいようにと、高い所に上がって戦うようになりました。
同時に、選手が落ちないようにと、ロープが張られました。

そして、ロープが張りやすいように、リングは四角くなったのだといいます。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

コンビニのロールケーキは、クリームを巻いていなかった?

プレミアム ロールケーキ
写真は、こちらからお借りしました。

今や、コンビニスイーツの代名詞といっても過言ではない「ロールケーキ。」
このロールケーキの先駆けとなったのが、ローソンの「プレミアムロールケーキ」です。

このロールケーキが発売されるまでは、ローソンは特にスイーツに強いというイメージはありませんでしたが、菓子ブランド「ウチカフェスイーツ」の登場で、女性客の獲得に成功したのでした。

さて、実はこの「プレミアムロールケーキ」、クリームを巻いて作られていないということをご存知でしょうか?
それではどうやって作っているのかといえば、「焼成(しょうせい)した生地を細長く切り、それを容器にひとつひとつ丸めて置き、そこに生クリームを絞(しぼ)りこんでいるのです」

ロールケーキなので、当初はクリームを巻いて作り、一皿ずつ切って作る方法を模索(もさく)していたのですが、どうしても形が崩れてしまいます。
そんな中、最終的に辿り着いたのがこの方法だといいます。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

スタジオジブリの「ジブリ」は、本来「ギブリ」だった?

天空の城ラピュタ
写真は、こちらからお借りしました。

「天空のラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「火垂るの墓」(ほたるのはか)など、数々のアニメの名作を世に送り出し続けているスタジオジブリ。
この「ジブリ」という名称は、イタリア語の「ghibli」に由来しています。

スタジオジブリの設立は1985年(昭和60年)のことです。
当時、大の飛行機マニアだった宮崎駿(みやざき はやお)氏が、サハラ砂漠に吹く熱風を意味する、第二次世界大戦中に使われたイタリアの偵察(ていさつ)/爆撃機(ばくげきき)の名前にならって命名したといいます。

ただし、「日本のアニメ界に熱風を起こそう」という、宮崎氏の想いが込められたこの「ghibli」という名称は、「ジブリ」ではなく、「ギブリ」と発音するのが正しいようです。

実際、イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは、日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれています。

参考にしたサイト
https://ja.wikipedia.org/wiki/スタジオジブリ

 
Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

「こどもの日」は、母に感謝する日だった?

こどもの日 鯉のぼり

5月5日の「こどもの日」は、1948年(昭和23年)に制定された、国民の祝日のひとつです。

古くは「端午(たんご)の節句」として、武者(むしゃ)人形を飾ったり、鯉(こい)のぼりを立てたりと、男の子の元気な成長を願うお祭りとして祝(いわ)われていました。

「こどもの日」は、現在は男の子ばかりでなく、女の子も含めてお祝いする形になっていますが、実は、この祝日は子供だけが対象ではないのだといいます。

「国民の祝日に関する法律」第2条によれば、こどもの日は、

「こどもの人格(じんかく)を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

と規定(きてい)されています。

つまり、「こどもの日」は、子どもを生んだ母親に感謝する日でもあるのです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment