ダックスフントはもともとアナグマ用の猟犬だった?-交雑の歴史も紹介

ダックスフント

ダックスは「アナグマ」、フントは「猟犬」。
つまり、ダックスフントは、「アナグマ用の猟犬」という意味です。

ダックスフンドの手足が短いのは、アナグマの巣に潜(もぐ)り込むためです。

現在、ダックスフンドといえば、ミニチュアダックスフンドを意味しますが、これは前述したように、もともとアナグマを獲ることを目的としていたスタンダードサイズのダックスフンドを、より小さいウサギなどの小動物を獲るために、小型化して作られたものです。

このミニチュアダックスフンドをさらに小型にしたものがカニヘンダックスフンドで、“カニヘン”というのは、ドイツ語で“ウサギ“を意味します。

ダックスフンドのミニチュア化に際しては、他の犬種との交雑によって改良されていますが、その犬種も歴史の中で決められていくことになりました。

また、現在ミニチュアダックスフンドといえば、多くはロングコートですが、もともとはスムースコートで、スムースから他の犬種との交雑によって、ロングコート、そしてワイヤードコートのダックスフンドが作られてきたのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告