一覧

ポン酢の「ポン」の語源は?-オランダの飲み物「pons(ポンス)」に由来

ポン酢の名前は、オランダの飲み物である「pons(ポンス)」に由来しています。この「pons」というのは、「ビターオレンジ」、日本でいうところの「橙(だいだい)」のしぼり汁に、お酒や砂糖を加えてつくった、柑橘類(かんきつるい)の飲み物のことです。そして、その酸っぱい味が、日本の酢を連想させることから、この商品に「酢」という字を当てたのが始まりでした。

ビール瓶はそもそも何故茶色い?

ビール瓶は茶色ですが、そもそも何故茶色のものが使われているのでしょうか?実は、ビールはとても繊細な酒です。長時間光にさらされると、ホップが化学反応を起こして悪臭(スカンキーといいます)を放ち、風味が落ちてしまいます。

酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは何故?

1杯飲んだ夜の帰り道に、ラーメン屋の前を通りかかると、無性にラーメンが食べたくなります。これは、何故なのでしょうか?アルコールが体内に入ると、肝臓が解毒・分解を始めます。肝臓は、寝ている間や食事をしていないときに、糖を分解する役割がありますが、酒を飲むと、アルコールの解毒・分解作業に追われ、糖を分解できなくなります。そのため、飲酒後は血糖値が下がってしまいます。飲酒後は、体がこの糖を欲しているのです。

「二日酔いに迎え酒」は、本当に効果がある? – 実は危険な行為だった!

正月の新年会から始まって、花見、卒業、入学、歓迎会……、12月のクリスマス、忘年会まで、1年中、お酒を飲む機会があり、切れ目がありません。そして、そのうちの何度かは、「もう、酒はやめた!」と誰しも思う、「二日酔い」が待ち受けているはずです。この二日酔いを治す方法として昔から伝えられている、奥の手ともいうべき方法が「迎え酒」。スーッとはしないまでも、とりあえず不快感は消えます。この「迎え酒」ですが、本当に「二日酔い」に効くのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告