一覧

「魔法少女ララベル」の最終回はどうなる?

立花(たちばな)の老夫婦(ろうふうふ)は、ララベルがやって来た日を、彼女の誕生日代(が)わりにお祝いしてくれます。そんな中、ララベルを自分のライバルと見なしたビスカスは、2つのカバンを独占(どくせん)しようとしていました。人間の優しさを知っているララベルは、人間と仲良くするようビスカスを説得(せっとく)しようとします。が、これまでの悪事(あくじ)で人間を逆恨(さかうら)みしているビスカスは、聞く耳をもちません。

「ベルサイユのばら」の最終回はどうなる?

パリでは、王政(おうせい)に対する不満から、革命(かくめい)の機運(きうん)が高まっていました。近衛兵(このえへい)の隊長であるオスカルは、自分の行く道に迷います。その中で、いつも側(そば)にいたアンドレへの愛に気づき、2人は契(ちぎ)りを交わし、永遠の愛を誓(ちか)い合います。

「素敵」には、何故悪いイメージをもつ「敵」が使われている?

「素敵」という言葉には、何故悪いイメージをもつ「敵」という漢字が使われているのでしょうか?「素敵」というのは当て字で、かつては「素的」「素適」と書きました。「すてき」という言葉は、「すばらしい」の「す」に、接尾語「てき」がついてできた語という説があります。そして、「敵」という漢字には、他に「敵(かな)う」という読みもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告