女性一覧

バンドエイドは妻思いの優しい夫によって発明された?-バンドエイド誕生秘話

「バンドエイド」は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)の商標で、1920年にアメリカで生まれました。当時、同社の社員であった28歳のアール・E・ディクソンは、妻のジョセフィーヌが非常に不器用で、彼女が台所に立つたびに、火傷(やけど)や切り傷を負うことに頭を悩ませていました。そこで考えついたのが、テープと包帯を合体させた救急絆創膏です。そしてこれが、「バンドエイド」の原型になったのです。

男女ともに、一番風邪をひきやすい年齢は30代だった?

年に1回以上風邪をひく人の割合は、男女ともに30代が80%以上と、最も多くなっています。30代の男性は年に平均1.6回、女性は1.8回風邪をひいています。ただし、年に4回以上風邪を引く割合は、10代、20代も高いです。そして、高齢になるにつれて、風邪をひく回数は次第に減っていく傾向があります。

結婚式でかかるあの名曲は、なんと、別れの曲だった?

結婚式を上げる際、欠かすことができないものといえば、BGM。なかでも、ホイットニー・ヒューストンが、映画『ボディー・ガード』の主題歌としてカバーした「オールウェイズ・ラブ・ユー」は、結婚式の定番ソングとして高い人気があります。しかしながら、実はこの曲、結婚式で使うにはふさわしくありません。何故なら、If I should stay(私がここにいたら)I would only be in your way(あなたの邪魔になってしまうだけ)So I’ll go...(だから私は去るわ...)と、なんと、女性が語る別れの歌となっているのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告