原因一覧

「ボイコット」の由来となった陸軍大尉がいた?-ボイコットの語源

集団での拒否行動を意味する「ボイコット」。この言葉は、もともと人の名前に由来するといいます。それでは、その人物とは一体誰なのでしょうか?その人物とは、イギリス陸軍大尉(りくぐんたいい)チャールズ・カニンガム・ボイコットです。彼は退役後、アイルランドの領地支配者(土地管理人、代官)となりましたが、1880年の夏に年貢(ねんぐ)を値上げすると、小作人(こさくにん)たちは彼に怒り、町ぐるみで彼を断絶(だんぜつ)。レストランで食事も取れず、郵便物さえも届かない状況に陥った彼は、命からがらイングランドへ逃げ帰ったといいます。

戦国時代に敵陣でのんきに鷹狩りをしていて命を落とした武将がいた?

織田信長や豊臣秀吉に仕えた戦国武将・中川秀正(なかがわ ひでまさ、1569 - 1593)は、”油断”しすぎていて命を落としたことで知られています。秀正は、豊臣秀吉の命を受けて朝鮮出兵しましたが、江原道水原城の戦いの合間に敵陣でのんきに鷹狩りをしていたところを、敵に囲まれて死亡してしまいました。享年(きょうねん)25歳でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告