レレレのおじさんは、どうしていつもほうきで道を掃いている?

レレレのおじさんは子だくさんです。五つ子が連続して5組誕生し、25人もの子供の父親です。子供たちが小さい頃、学校に行かせるにも、みんなを一緒に移動させるのが大変でした。そこで、レレレのおじさんは、ほうきで子供たちの後ろを掃(は)きました。すると、それが合図になり、子供たちは一斉(いっせい)に移動しました。やがて、子供たちは成人してレレレのおじさんのもとを巣立って行きました。レレレのおじさんは、寂しさを紛(まぎわ)らわそうとして、手慣れたほうきで地面を掃き、道行く人に声をかけるようになったのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告