池上本門時にある仁王像のモデルは、アントニオ猪木?

東京都大田区にある池上本門寺(いけがみほんもんじ)は、日蓮宗の開祖日蓮上人の終焉(しゅうえん)の地として信仰を集めるお寺です。

1978年、戦災で消失した山門と仁王像を再建することになった際、彫刻家の圓鍔勝三(えんつば かつぞう、 1905年11月30日 – 2003年10月31日)がモデルとしたのが、当時プロレスラーとして活躍し、このお寺にも縁があったアントニオ猪木でした。

池上本門寺 アントニオ猪木がモデルとなった仁王像
池上本門寺 アントニオ猪木がモデルとなった仁王像

これは、作者の圓鍔勝三が大のプロレスファンで、アントニオ猪木にモデルを依頼をしたということのようです。

参考にしたサイト
アントニオ猪木がモデルの仁王像!?~池上本門寺-旦さまと私 http://blogs.yahoo.co.jp/lunatic_rosier/60627790.html

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*