ハワイの「ワイキキビーチ」は、実は人工的に作られたものだった?

ワイキキ ビーチ

美しい白浜が続く、ハワイのワイキキビーチ。
日本人にも人気が高い、観光スポットのひとつです。

しかしながら、実はこのビーチ、人工的に作られたものなのです。

「ワイキキ」とは、ハワイの言葉で、「水が湧(わ)く」という意味。
この地はもともと、タロイモやバナナの栽培が盛んな湿地帯(しっちたい)でした。

1898年に、アメリカの自治領(じちりょう)として併合(へいごう)されると、ワイキキをリゾート地にするために、大規模な土地開発計画がスタートしました。

1901年に、ワイキキのリゾートホテルの先駆けである「モアナ・ホテル」が開業すると、それまで湿地帯だった海辺は、カリフォルニアから運ばれた白砂で埋め立てられ、人工のビーチが完成。
こうして、世界有数のビーチリゾートが誕生したのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*