お宝を探し当てる「ダウジング」のメカニズムとは?

ダウジング
写真は、こちらからお借りしました。

「ダウジング」とは、地下水や鉱脈(こうみゃく)などの、地面の下に埋まっている何かを探すときに行なわれているものです。
ダウジングの歴史は古く、その起源は古代ローマにまで遡(さかのぼ)ります。

ダウジングが最も行なわれたのは、中世のヨーロッパですが、今でもヨーロッパやアメリカでは日常的に行なわれているようで、日本でも、かつて地下の水道管を探すときなどに行なわれたことがありまます。

ダウジングのやり方は、きわめてシンプルです。
L字型の棒を、左右それぞれの手に持って歩き回り、その棒が震えたり、向きが変わったところで立ち止まり、その場所を掘ります。
すると、そこにお目当ての物が埋(う)まっているという次第です。

このように書くと、

「その棒に、何か特殊なセンサーがついているんじゃないの?」

と思うでしょうが、実は、ダウジングに使う棒には、何の仕掛けもありません。
センサーになっているのは、むしろ棒を持った人間の方なのです。

ダウジングがもっとも行なわれるのは、地下水のありかを探すときですが、当然、そのような場所は他の場所よりも湿度が高かったり、温度が低かったりします。
それを人間の身体が敏感に感じ取り、手に持った棒に伝わって、棒が震えるというわけです。

「それなら、棒はいらないんじゃないの?」

と思うかも知れませんが、やはり棒は必要です。
湿度や温度の微妙な変化というのは、無意識に感じとるもので、意識的に感じることは難しいからです。
そこで、手に棒を持って、身体が感じる異変を棒に伝えることで、場所を特定するのです。

これが、ダウジングの基本原理です。
昔は、棒に何らかの力が宿るのではないかと考えられていましたが、実は、棒を動かしているのは他でもない、棒を持った人間の力なのです。

このあたりは、コックリさんと同じといえます。

また、たまに宝探しがダウジングで行なわれていることもありますが、これは単なる余興(よきょう)だと思って良いでしょう。
その宝から、何らかのエネルギーが出ているならともかく、そうでなければ、棒を持っても意味はないのです。

ちなみに、日本の歴史においては、空海が錫杖(しゃくじょう)を用いて、日本各地で井戸や温泉を掘り当てたという話が伝えられています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*