鮭が生まれた川に再び戻って来れるのは何故?

サケの遡上

鮭(さけ)は、川で生まれて海で暮らし、繁殖(はんしょく)のために再び故郷の川へ戻ってくるという、不思議な生態をもつ魚です。

一口に戻ってくるといっても、距離にして1300~1400キロメートルともいわれる長旅です。

鮭の回遊(かいゆう)経路は、いまだ謎に包まれていますが、この距離を、途中で迷子にならずに戻ってこ来れるというのは、ある意味脅威(きょうい)といって良いでしょう。

さて、この鮭が自分の生まれた川にまた戻って来れるのは何故なのでしょうか?

いくつか説がありますが、もっとも有力なのは、いわば「におい」説です。
この説によれば、鮭は自分が生まれた川のにおいを覚えていて、これを頼りに戻って来るのだといいます。

他には「太陽コンパス」説というものがあり、この説によれば、鮭の体内には、渡り鳥がもっているのと同じようなコンパスがあり、鮭はこのコンパスに従って、回遊や移動をしているのだといいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告