テントウムシのド派手な模様は、敵にアピールするためのものだった?

テントウムシ

黒や赤、オレンジなどのド派手な模様で知られるテントウムシ。

テントウムシは、英語圏(えいごけん)では「ladybird(レディー・バード)」、また「lady bug(レディー・バグ)」と呼ばれますが、確かに女性のようないでたちです。

でも、考えてみたら不思議です。
昆虫というのは、普通は周囲の風景に溶け込むような保護色(ほごしょく)をしているものですが、テントウムシはその正反対で、ド派手ないでたちです。

これでは、わざと自分を襲ってくれといっているようなものです。

テントウムシは何故、あえてこのような目立つ色模様をしているのでしょうか?

テントウムシは、敵に襲われると、足の関節から、有毒のアルカノイドを含む黄色い汁を出します。
この汁は臭くて苦いため、とても食べられたものではありません。

そして、1度このマズさを知った敵は学習し、2度とテントウムシを襲ってこなくなります。

つまり、テントウムシは、わざとド派手な模様を身にまとったうえで、敵に、

「私は、マズくて食べられませんよ」

ということをアピールし、自分の身を敵から守っているというわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告