初めて使い捨てカイロを発売したのは、あの有名お菓子メーカーだった?

使い捨てカイロは、1975年(昭和50年)に、アメリカ陸軍が使用していたフットウォーマーを元に、旭化成工業(現・旭化成)が鍼灸師ルート等を通じて販売した「アッタカサン」を原型として、日本純水素(現・日本パイオニクス)が1978年(昭和53年)に開発し、「ロッテ電子工業(現・ロッテ健康産業)」が「ホカロン」の商品名で発売しました。

ホカロン
ホカロン
写真は、こちらからお借りしました。

そうです。使い捨てカイロを初めて発売したのは、いわずと知れた、あの「ロッテ」なのです。

そして、この「ホカロン」はヒット商品となって、その後一般に普及しました。

なお、シール付きの使い捨てカイロ、いわば貼るタイプのカイロが発売されたのは1988年(昭和63年)のことで、こちらは「マイコール」が業界に先駆けて販売し、成功を収めました。

現在では、使い捨てカイロは、ミニサイズ・靴下用・肩用・座布団サイズ等、色々なバリエーションが発売されており、冬の定番商品となっているのは周知の通りです。

参考にしたサイト
懐炉 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%90%E7%82%89

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告