「アルプス一万尺」の歌詞に登場する「こやり」とは何?

北アルプス

「アルプス一万尺」の原曲は、独立戦争で歌われて以来、アメリカ愛国歌として有名になった「Yankee Dooedle(ヤンキードゥードゥル)」です。
この曲は、世界中でたくさんの替え歌を生んでいます。

さて、日本語版の「アルプス一万尺」の歌詞に登場する「こやり」とは、一体何なのでしょうか?

そもそも、このアルプスというのは、日本の北アルプスのことです。
一万尺(≒3000m)というのはこの山の高さを表わし、そのひとつである槍ヶ岳(やりがたけ)の北側にある岩場が「こやり」で、漢字で書けば「小槍」です。

なお、槍ヶ岳の頂上は「大槍」と呼ばれ、小槍との間には「孫槍(まごやり)」「曾孫槍(ひまごやり)」が連なっています。

北アルプス 左から順に、孫槍、曾孫槍、小槍
北アルプス 小槍 孫槍 曾孫槍
写真は、こちらからお借りしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告