「柚子胡椒」には、胡椒はまったく入っていない?

柚子胡椒
柚子胡椒

九州名産の「柚子胡椒(ゆずこしょう)」。
爽やかな香りと、「ピリッ!」ときいた辛味が特徴の薬味です。

この柚子胡椒は、もともと大分県の農家が自家用に作っていたものです。
これが徐々に評判になり、この地域の特産品となり、やがて全国に広まっていきました。

柚子胡椒というのは、柚子の表皮を細かく刻み、唐辛子と塩を加え、1年以上熟成(じゅくせい)させて作ったものです。
なので、「胡椒」はまったく入っていません。

それでは、何故「柚子唐辛子」ではなく、「柚子胡椒」という名前がついたのでしょうか?

実は、九州の一部の地方では、古くから唐辛子のことを「胡椒」と呼んでいました。
それで、「柚子胡椒」と呼ばれるようになったのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*