ブタにコンビニ弁当を与えたら、奇形・死産続出?-コンビニ弁当の危険性

食卓の向こう側

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚(ようとん)農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母ブタに毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いだということです。

当該記事は、福岡県で最大部数(約63万部)を発行している西日本新聞社が、2004年3月19日付朝刊に掲載したシリーズ「食卓の向こう側」を ブックレットに収めたものです。

同記事によれば、2002年頃、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを、母ブタに毎日3キロずつ与えたところ、ブタの妊娠期間である114日後のお産で死産が相次ぎ、やっと生まれた子ブタも、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだりで、また、透明なはずの羊水がコーヒー色に濁(にご)っていました。

ブタに与えたそのコンビニ食は、回収業者が持ち込んだものです。
期限切れとはいえ、腐っているわけではなく、農家の主が「ちょっとつまもうか」と思うほどの品でした。
ブタにコンビニ食を与えた当初の目的は、月20万円のえさ代を浮かせることでした。

コンビニ弁当に関しては、以前から危険な食品添加物や、トランス脂肪酸使用等の問題が指摘されています。
使用量が少量・もしくは微量だから安全だということになっていますが、ブタにこれだけの影響を与えるということは、もはや人体には無害であるとはいい切れません。
是非とも、ブタが奇形・死産となったメカニズムを究明(きゅうめい)して欲しいところです。

なお、このコンビニの具体的な名前については、「公表するとパニックになる」ということで、公表されていません。

参考にしたサイト
豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出「具体名公表するとパニックになる」:MyNewsJapan
http://www.mynewsjapan.com/reports/262
コンビニ弁当は死を早める!添加物があなたにもたらす危険性のしくみ
http://macrobiotic-daisuki.jp/tenkabutsu-convenience-1808.html

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*