縫い針は少し刺さっただけで血が出るのに針灸医の針は出ないのは何故?

針灸 背中

裁縫用の縫い針は、少し皮膚に刺さっただけでも血が出るのに、針灸医(しんきゅうい)の針は血が出ません。
これは、何故なのでしょうか?

針灸医の使う針は、直径0.02ミリ以下です。
これは、縫い針の1/10以下の太さです。
そのうえ、刺す場所や刺し方が違うので、血が出ないのだといいます。

つまり、縫い針は、毛細血管の多い指先を刺すことが多いのに対して、針灸の場合はさす場所に指に力をかけ、血管や筋肉の硬い部分を逃がすようにしています。

しかしながら、それでもたまに血管に当たり、血が出ることもあります。

3年間苦しんだ喘息(ぜんそく)が、針治療で治った仔猫のキキちゃん
Kiki, the Acupuncture Kitty
http://www.infinitecat.com/cat-tales/acupuncture-kitty.html

逆に、たとえば筋肉注射のような太い針でも、刺す場所によっては血は出ません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告