赤塚不二夫が飼っていた菊千代は、死んだフリやバンザイができる芸達者な猫だった?

天才バカボン、おそ松くんなどで知られる日本を代表する漫画家・赤塚不二夫が1979年から飼った菊千代は、死んだフリやバンザイができるという芸達者な猫で、当時、テレビCM等に出演して一躍人気者となりました。

菊千代とたわむれる赤塚不二夫
菊千代とたわむれる赤塚不二夫
写真は、こちらからお借りしました。

仕事中だけど、ちょっとお邪魔して「バンザーイ!」
仕事中ですが、ちょっとお邪魔して「バンザーイ!」
写真は、こちらからお借りしました。

菊千代は、高橋英樹と日本酒「富貴(ふうき)」で共演したのをはじめ、国鉄「らくらく切符」、ミノルタ「APEX90(アペックス90)」などのCMに多数出演。スポニチのCMでも「お辞儀」をしてみせて、話題となりました。
赤塚不二夫は、「菊千代」名で雑誌にエッセーを連載したり、「吾輩は猫なのだ」の単行本も出版しました。

「菊千代」という名前は、黒澤明監督の映画「七人の侍」で、三船敏郎が演じた主人公の名前から採られたもので、赤塚不二夫自身も「花の菊千代」といった漫画を描いています。

が、1997年に菊千代は他界。このことは家族同様に可愛がっていた赤塚不二夫のみならず、周辺のファンをも悲しませました。

参考にしたサイト
赤塚不二夫氏の“長男”菊千代 大往生 (芸能) - スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/akatuka/KFullNormal19971011000.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告