映画スター発祥の地は、ドイツだった?

映画スターといえば、フランスかアメリカが発祥地だと思いきや、実は、映画史上に残る固有のファンを獲得した最初の映画スターは、ヘニー・ポーテン(Henny Porten、1890- 1960)というドイツの女優でした。

ヘニー・ポーテン
800px-Henny_Porten
写真は、こちらからお借りしました。

1909年、ヘニー・ポーテン自身の脚本と主演で、ドイツの映画会社メスター社が制作した作品が大成功を収めました。
あまりに好評だったので、メスター社はこの女優であるポーテン嬢を実名で公開してしまったのです。

当時、世界のどの国の映画会社でも、主演者をスター扱いにして出演料が値上がりしないよう、実名を明かすということはしていませんでした。

果たして、ポーテンの名前がタイトルに登場するや否や、彼女はたちまち出演料の値上げを始めました。
が、メスター社も彼女に辞められては一大事なので、仕方なく彼女の要求を飲んだというわけなのです。

その後、ヘニー・ポーテンは、ドイツのサイレント映画のアイドルとなり、活躍を続けました。

かくして、このポーテン事件以来、アメリカでは宣伝用の派手なポスターや、スターづくりが盛んになったようです。

それにしても、100年以上も前のドイツで、それも女優が1人で映画会社と交渉して、映画スターの地位を築いたのですから恐れ入ります。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*