Tag Archives: 江戸時代

漢字で「御転婆」と書く「おてんば」の正体は?

男勝(まさ)りの活発な女性のことを、「おてんば」といいます。 漢字で書くと、「御転婆」です。 この漢字を読むと、「お婆さんが転ぶ」となっています。 もちろん、この言葉はそのような意味ではありません。 「おてんば」には、ど … Continue reading

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

「スルメ」が「アタリメ」と呼ばれるのは何故?

「スルメ」とは、イカを開いて、取り出した内臓を干したものです。 居酒屋などでは、これを「アタリメ」と呼ぶこともありますが、この言葉の起源は江戸時代にあります。 当時のギャンブラーが、「スルメ(擦る目)」では使い果たしてし … Continue reading

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

高級魚の代名詞・「マグロのトロ」は、江戸時代は捨てられていた?

  現代において、マグロは高級魚の代名詞。 なかでも、脂(あぶら)の乗った「トロ」は大人気で、脂肪分の多さによって、大トロや中トロなど、何種類にも分かれているほどです。 そんな「マグロのトロ」ですが、江戸時代の初期までは … Continue reading

Posted in 雑学 | Leave a comment

「ごまかす」の語源は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱」というお菓子から?

「あっ、髪の毛が増えてる! ごまかしだニャン!」 写真は、こちらからお借りしました。 見かけだけで、内容が伴っていないことを意味する「ごまかす」という言葉。 この言葉の語源は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱(ごまどうら … Continue reading

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

江戸の戯作者、蜀山人の出した「のんべえの心得」とは?

江戸時代の戯作者(げさくしゃ)のひとり・蜀山人(しょくさんじん)は、たいへんなのんべえでした。 蜀山人は、日本各地の造り酒屋を訪れては、味見をして狂歌(きょうか)を読んだといわれています。 しかも蜀山人は、自ら「飲酒法令 … Continue reading

Posted in 雑学 | Leave a comment