食後、すぐに歯を磨いてはいけない?

歯を 磨く 女の子

食後、歯を磨くというのは常識です。
が、食後”すぐに”歯を磨くのは、避けたほうが賢明(けんめい)です。

それは一体、何故なのでしょうか?

近年は、食生活の変化により、酸性の食品が増えています。
このような飲食物をとれば、当然、口の中は酸性に傾きます。

酸には、体の中で最も硬いとされる、歯の表面にあるエナメル質をも溶かしてしまう力があります。
口の中が酸性になると、アルカリの性質をもつ唾液(だえき)が分泌(ぶんぴつ)されて、口の中の酸度を中和します。
そして、溶けてしまったエナメル質を、再石灰化(さいせっかいか)して修復してくれます。

歯の 脱灰と 再石灰化の メカニズム
写真は、こちらからお借りしました。

しかしながら、この修復には30分ほどの時間が必要です。

ということは、食後、すぐに歯を磨いてしまうと、まだ酸でやわらかくなっている状態のエナメル質を、削ってしまうことになりかねないのです!

【参考】酸性食品とアルカリ性食品
酸性食品と アルカリ性億品
写真は、こちらからお借りしました。

なので、食後は、お湯などでぶくぶくと口をすすぐくらいにしておき、歯を磨くのは、食後30分ほど経ってからにすることをお勧めいたします。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*