小指を曲げると、薬指も一緒に曲がるのは何故?

5本の指 手の平

小指を曲げようとすると、薬指も一緒に曲がってしまいます。
これは、何故なのでしょうか?

その理由には、脳からの指令を伝える神経の働きが影響しています。
実は、小指と薬指に指令を伝える神経が同じ方向に走っているため、これら2つの神経を別々に動かすことができないのです。

そのうえ、小指と薬指の指先を動かす筋肉も、しっかりくっついてしまっているため、どちらかの指を曲げようとすると、同じ方向に動いてしまうのです。

ピアノを弾く 猫
ピアノを弾く 猫

ただし、この2本の指は、ピアニストのように、訓練することで別々に動かすことが可能となります。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

絶食しても「便」は出る? それとも出ない?

絶食 ダイエット

「便」の正体は、食べ物が消化されたあとの”残りかす”であることは、誰でも知っています。
それでは、もしもあなたが絶食して、何日も食べずにいたら、便は出なくなるのでしょうか?

結論を先に書けば、それでも便は出ます。

実は、便として体外に排出されるのは、食べ物のかすだけではありません。
便の中には、腸内細菌や腸壁からはがれ落ちた粘膜(ねんまく)、微生物の残骸(ざんがい)、分泌(ぶんぴつ)された粘液(ねんえき)なども含まれているのです。

食べ物を吸収する腸の粘膜は毎日入れ替わっており、不要になった古い粘膜がゴミとして便となり、体の外に出てくるのです。

「へえーっ! 便って、絶食しても出るんだ!」
カエル トイレ 大便

なので、もしもあなたが絶食したとしても、回数や量は減るものの、便は出ることになります。
実際、ミルクしか飲んでいない赤ちゃんが排便をするのも、同じ理由によるものです。

Posted in 雑学 | Leave a comment

お菓子業界の、知っておくべき社名の由来とは?

いろいろな お菓子

ポテトチックスやかっぱえびせんなどでおなじみの「カルビー」。
この社名の由来は、肉のカルビーから来ているのかと思いきや、実はこれとはまったく関係がなく、カルシウムの「カル」とビタミンB1の「ビー」とを合わせてつくられた造語です。

ガムやチョコレートなどでおなじみの「ロッテ」は、ドイツの文豪「ゲーテ」の『若きウェルテルの悩み』のヒロインである「シャルロッテ」に由来します。

キャラメコーンなどで知られる「東はと」は、創業時の社名「東京製菓」に、初代社長が好きだった「鳩」を入れて「鳩印東京製菓」とし、問屋の人たちが使っていた「トウハト」の略語を採用したのだといいます。

ポテトチップなどでおなじみの「湖池屋(こいけや)」は、大きな湖のように会社を大きく成長させたいとの願いを込めて、創業者の小池和男の「小」を「湖」に変えてつくられたものです。

ぶっちょやシゲキックス、グミなどを主戦力としている「UHA味覚糖」は、お菓子がもつ楽しさ・ときめきを意味する「遊波(遊食と波からの造語)」と商品名の「七色の飴・味覚糖」を組み合わせて社名にしたものだといいます。

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

メールの「@」は「壺」に由来する?

 壺 アンフォラ amphora

メールアドレスの中に、必ず入っている「@(アットマーク)」。
このマークの由来には諸説ありますが、最も有力なのは、古代ギリシャで使われていた「壺(つぼ)」から来たという説です。

古代ギリシャでは、オリーブ油や葡萄(ぶどう)酒、穀物などさまざまなものが、両側に2つの取っ手がついた「(amphoraアンフォラ)」という壺に貯蔵されていました。
「@」のaとは、この頭文字に由来するといわれます。

ただ、このマークを「アットマーク」と呼んでいるのは日本だけで、英語では「アットサイン」、あるいはその形から「サイクロン」「スネイル(かたつもり)」と呼ばれています。

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

タクシーに乗る「お化け」の正体は?-タクシー業界のおもしろ隠語10選

タクシー

隠語というのはどの業界にもあるものですが、タクシー業界にもさまざまな隠語があります。

たとえば、「工事中」。
これは、警察の取り締まり中を意味します。
同じ意味で、「赤信号」というのもあります。

同僚と会ったときなどに、「2丁目の交差点、工事中だよ」と教え合ったりしています。

また、飲酒取締りは「マル酔工事」といいます。

それでは、実際に道路工事をしているときは、何というのでしょうか?
こちらは「本工事」といいます。

また、「お化け」というのもあります。
これは、「長距離客」のことで、びっくりするほどうれしい気持ちから、この表現が使われるようになったようです。

「最後の客がお化けでさ~」のように使われます。

対して、「流れ弾」。
これは、長距離客を乗せる確率の高いタクシー乗り場で、近距離客に当たってしまうことをいいます。

また、「ワカメ」というのもあります。
これは、酔っ払ったお客のことで、体がゆらゆらと動いている様子から、このように呼ばれるようになったのだといいます。

また、「いらっしゃい」というのもあります。
これは、チップを意味します。
「いつでも大歓迎!」という意味が込められており、同じ意味で「ろく」というのもあります。
こちらは主に関西圏で使われる用語で、余分の利益のことを指す「余禄」が省略されて、「ろく」と呼ばれるようになりました。

その他、「三桁」というのもあります。
これは、1000円以下の短距離の仕事のことをいいます。

「今日は三桁ばっかりで、どうにもならんわ」のように使われます。

参考にしたサイト
タクシーに乗るとき知っていると楽しい業界の隠語20選
https://nanapi.com/ja/96216

Posted in 雑学 | Leave a comment