ビール瓶はそもそも何故茶色い?

ビール瓶

ビール瓶は茶色ですが、そもそも何故茶色のものが使われているのでしょうか?

実は、ビールはとても繊細な酒です。
長時間光にさらされると、ホップが化学反応を起こして悪臭(スカンキーといいます)を放ち、風味が落ちてしまいます。

ビール瓶のほとんどが茶色なのは、この色が光の遮断性(遮光性)に優れ、またおいしさや品質を保持するのに理想的な色だからです。

光には、さまさまな波長があります。
その中には、光酸化を起こしやすい波長も存在します。
茶色は、その波長を最もカットする色であり、その遮断率は黒よりも高いといいます。

ビールの好きな猫
ビールの 好きな 猫
写真は、こちらからお借りしました。

また、ビールは、25~30度を堺に、急速に劣化(れっか)していきます。
これは、麦芽(ばくが)に含まれる酵素の一部が酸化してしまうために起こります。

凍るほどの低温下においても、劣化は進んでいきます。
つまり、ビールをおいしく保存するためには、瓶の遮光性だけでは不十分で、温度管理も重要なのです。

ビールを保存するのに理想的な温度は、12度前後だといいます。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

「ベンチャー企業」とはどういう会社のことをいう?

ベンチャー 企業

「ベンチャー企業(きぎょう)」という言葉を耳にすることがありますが、これはどのような会社のことをいうのでしょうか?

ベンチャーは、1970年代にアメリカから入ってきた言葉で、直訳すれば「冒険的事業(ぼうけんてきじぎょう)」です。
ベンチャー企業は、「知的なイノベーション(革新)を行なう中小企業」と定義されます。
ファッション分野であれ、サービス産業であれ、独創性(どくそうせい)や新規性(しんきせい)をもった企業をこう呼びます。

国のベンチャー振興策(しんこうさく)がハイテク企業中心であることから、「ベンチャー=ハイテク」という印象があります。
しかしながら、実際にはハイテクに限定したものではありません。

日本では、70年~73年(昭和45年~48年)、80年(昭和45年前後)、そして90年代と、3度ベンチャーブームが起きています。
最初の2回はベンチャー企業に投資(とうし)する「ベンチャーキャピタル」、3度目のブームは支援ブームといえ、99年には様々な支援策(しえんさく)ができました。

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

自動販売機では、10円玉を21枚以上使えないって本当?

自動販売機

日本は、世界有数の自動販売機大国だということをご存知でしょうか?
日本自動販売機工業会によれば、2014年末の自動販売機の普及台数は503万台で、年間自販金額は4兆9526億円を誇っています。

さて、この自動販売機には、あまり知られていない制約(せいやく)があります。
それは、「10円玉を1度の購入で20枚までしか使えない」というものです。

たとえば、駅に設置されている切符販売機で210円の切符を購入するとします。
その場合、10玉21枚では買えないのです。

これは、同一硬貨が強制力をもって使えるのは20枚までと決めた「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第7条」に則(のっと)っているためで、自動販売機に同一硬貨を連続して21枚投入すると、その瞬間にシステムがロックされ、返却口に戻ってくるように設定されているのです。

Posted in 雑学 | Leave a comment

静止衛星は、何故止まっていられる?

人工衛星 静止衛星

静止衛星(せいしえいせい)とは、高度約36,000キロメートルの赤道上空を、毎秒約3キロメートルで回る衛星のことをいいます。

この高さで地球の周(まわ)りを回ると、その周期(しゅうき)がちょうど地球の自転(じてん)周期と同じ24時間となります。
そのため、この衛星を地上から見ると、常に「静止」しているように見えます。
それで、静止衛星の名があります。

なので、文字通り、空中で静止しているわけではありません。
正確には、「静止しているように見える」衛星なのです。

この静止衛星は、気象(きしょう)衛星や通信(つうしん)・放送衛星などに、広く使われています。

Posted in 雑学 | Leave a comment

時々、すごく辛いシシトウがあるのは何故? また、辛くないものの見分け方は?

シシトウ

シシトウを食べていると、時々すごく辛(から)いものに当たることがあります。
何故、このような辛いものが混じっているのでしょうか?
また、食べる前に、そのシシトウが辛いかどうか、見分ける方法はあるのでしょうか?

シシトウというのは、その名前の通りトウガラシの一種で、その形が「獅子舞(ししまい)」の獅子に似ていることからその名があります。
この辛さの元となっているのは、カプサイシンと呼ばれる物質で、すべてのトウガラシに共通の辛味(からみ)成分です。

そして、このカプサイシンは、温度が上がるとできやすくなることから、一般に夏場ほど辛いものができやすくなります。

また、春に植えた木が老化して弱った場合にも、辛いものができやすくなります。

さて、シシトウが辛いかどうかの見分け方ですが、同じ木になっていても辛いものと辛くないものがあり、専門家でも難しいものです。

確率的に、辛いシシトウは中の種が少なく、辛くないものは種が多いということが分かっているようですが、種の数は外側からは見えませんので、判断材料にはなりません。

ただ、シシトウはヘタの部分が最も辛くなりますので、調理前にその部分を切ってしまうというのが実用的なやり方と思われます。

シシトウに関しては、甘味のある種と掛け合わせ、辛くない品種を作ろうとしていますが、うまく行っていないようです。

参考にしたサイト
辛いシシトウの見分け方 | Goo-net
http://otasuke.goo-net.com/qa5028.html

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment