「ハクション大魔王」の最終回はどうなる?

吉田竜夫原作、タツノコプロによるギャグテレビアニメ・「ハクション大魔王」で、最終回はどうなるのでしょうか?

ハクション大魔王
写真は、こちらからお借りしました。

ある日、魔法の国の厳しい掟(おきて)が魔王にいい渡されます。
あと1回、魔法の壺(つぼ)に戻ったら、魔王もアクビも100年間の眠りに入るというのです。

それだけではありません。魔王の主であるカンちゃんは、3日後に起こる月蝕(げっしょく)の間に、必ずくしゃみをする運命にあるというのです。

一方、人間界では、魔王が名誉市民(めいよしみん)として表彰(ひょうしょう)されることが決定します。
カンちゃんは早速、この朗報(ろうほう)を魔王に知らせようと、くしゃみをして魔王を呼び出します。

やむを得ず壺から出てきた魔王に対して、与田山家は祝賀パーティーを開くことにします。
かくして盛大に開かれたパーティーに、魔王にゆかりのある人が次々に駆けつけますが、パパは、アクビがいないことに気がつきます。
そして、あくびをして、彼女も呼び出してしまいます。

魔王は、皆からもらったプレゼントの山に埋もれていき、皆の温かい気持ちに大感激します。
それで、お別れが近いことをいい出せなくなってしまいました。

パーティーが終わった後も、魔王とアクビは屋根部屋で泣き続けていました。
心配したカンちゃんが屋根裏部屋へ行ってみると、魔王はやっと、明日でお別れだということを告白。
仲間たちはそれを聞くと、一致団結して、何とか魔王を壺に戻らせない方法を考えます。

かくして、魔王の壺は金庫に閉じ込められ、ブル公がその鍵を飲み込みました。
カンちゃんは、くしゃみをしないように鼻栓(はなせん)を用意し、パパはあくび防止のため、眠くなるとバケツの水が落ちる仕掛けに縛られました。

これで、何もかも万全(ばんぜん)なはずです。

ところが、月蝕が始まると、予想だにしなかったことが起こりました。
金庫の中から、不思議な音楽が流れ始め、その音楽に皆眠り込んでしまうのです。
カンちゃんも眠気をこらえようとしますが、その努力もむなしく、カンちゃんはくしゃみを、パパはあくびをしてしまいます。

そして、魔法の力で金庫から出てきた壺の中へ、魔王とアクビは吸い込まれていくのでした。

やがて、月蝕が終わると、壺は夜空を漂い始めます。
目を覚ました皆は、必死に壺の後を追いますが、追いつくことができません。
かくして、魔王とアクビを飲み込んだ壺は、月に向かって去っていってしまいました。

「ハクション大魔王」のテレビ放送
1969年10月5日 – 1970年9月7日(全52回)

 
Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

大穴続出の競馬に仕組まれていた突飛な謀略とは?

競馬

競馬の八百長事件といっても、これは推理小説の中の話です。
しかしながら、この推理小説は、元女王陛下(へいか)のお抱え騎士だったイギリスの名手・ディック・フランシスが書いたものだけに、そのリアリティーは十分です。

ディック・フランシスの小説には、たいてい競馬界の裏側が描かれていますが、”音”のトリックが登場するのは、日本でのデビュー作となった「興奮」です。

障害レースで、大穴が続出します。
が、大穴をあけた馬をいくら調べても、興奮剤(こうふんざい)などを投与した形跡はありません。
それでは、どうして勝てたのか?
それは、以下のようなトリックが使われたためでした。
(未読の方は、ここから先は読まなくてもけっこうです)

あらかじめ、馬に犬笛(いぬぶえ)を聞かせ、同時に火炎放射器(かえんほうしゃき)で火を吹きつけます。
すると、馬は恐怖のあまり、ものすごいスピードで疾走(しっそう)します。
これを何回か繰り返すと、馬は犬笛を聞いただけで、パニックに陥(おちい)ったように駆け出すようになります。

犬笛
犬笛

そうしたら、あとは実際のレースで、最後の追い込みのときに、犬笛を吹くだけです。
すると、馬は猛スピードで疾走し、たちまち1位になるというわけです。

ポイントは、この犬笛の出す音が非常に高い周波数であるため、人間の耳にはほとんど聞こえないところにあります。

 
Posted in バラエティー | Leave a comment

「想像妊娠」のお腹に入っているものの正体は?

妊娠 母体 想像妊娠

私たちを感動させ、驚かせてくれるものの中に、母体と生命誕生の神秘があります。
殊(こと)に、母体のその繊細で複雑な構造は、ときに摩訶不思議(まかふしぎ)な現象を引き起こすことさえあります。
そのひとつが、「想像妊娠(そうぞうにんしん)」です。

女性に強い妊娠願望があったり、逆に妊娠することを極度に恐れていたりすると、それは自律神経(じりつしんけい)に作用し始めます。
そして、妊娠していないにもかかわらず、卵子の製造がストップし、しまいには、月経も排卵(はいらん)もまったくなくなります。
さらには、お腹までもが膨らんできてしまいます。

しかしながら、このお腹の膨らみの正体は、実はただの脂肪です。
月経が止まってしまうと、ホルモンの分泌(ぶんぴつ)に異常をきたします。
その結果、脂肪の代謝(たいしゃ)が悪くなり、お腹に脂肪がつきます。
この状態が、想像妊娠なのだといいます。

また、妊娠したと強く思い込んでしまったために、食欲が増進(ぞうしん)し、脂肪がついてしまうこともあります。
さらに、その影響は自律神経にまで及ぶため、腸の働きが狂い、便秘になったりガスが溜まったりしてお腹が張ることもあるようです。

大食い バカ食い 食欲

しかし、子供欲しさの結果が、実は脂肪だったなんて、おかしいけれども可哀そうな話だとは思いませんか?

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

選挙カーの名前の連呼は、本当に効果がある?

選挙カー 街宣車

日本の選挙といえば、選挙カーから響いてくる候補者(こうほしゃ)の名前の連呼がつきものです。
選挙戦の序盤(じょばん)では、

「地域に根ざした政治を目指す、○川○男」でございます!」

といった一応のキャッチフレーズがついていますが、終盤(しゅうばん)になると、

「○川○男、○川○男を、なにとぞ、よろしく」

といった具合に、名前の連呼だけになってしまいます。

一体全体、この方法で、本当に効果が上がるのでしょうか?

特に最近では、選挙カーの発する名前の連呼がうるさいと、有権者から苦情や批判の声が出ているという話も聞きますが…。

ところが、これを心理学の立場からいうと、心理的に逆効果と思えるこの名前の連呼にも、「親近性効果(しんきんせいこうか)」というものがあるといいます。
これは、接触したり体験したりした回数の多いものほど、人は親近感・好感を強く抱くようになる、というものです。

人は、まったく知らない人や物に対しては、恐れや不安を抱きますが、何度か触れ、記憶しているものに対しては、安心感や親近感をもつものです。

選挙においても、有権者は何度も候補者の名前を聞いているうちに、この「親近性効果」が働き、無意識のうちにその相手に対して親しみを感じるようになるといいます。

またこの効果は、10回くらいまでは、聞いた回数に比例して高くなります。
なので、同じ地域を何度も回り、6回、7回と繰り返し聞いてもらえば、それだけ効果が大きくなっていきます。

「おい、見ろよ! タマが選挙カーに乗って選挙演説をしてるぞ!」「あっ、ホントだ!」
選挙演説に 耳を傾ける  ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

それでは、それ以上の回数の場合はどうなるのでしょうか?

この場合、あまりしつこいと、

「騒々しい!」

といった反感に変わると考えてよいでしょう。
このあたりの心理についても、有権者の立場に立って考えられるかどうかが、選挙の勝敗を分けるのではないでしょうか。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

日本製のハーモニカとホイッスルが、世界中で愛用されているって本当?

ハーモニカを吹く オランウータンハーモニカを 吹く オランウータン
写真は、こちらからお借りしました。

小学校の教育用楽器として、使われることも多いハーモニカ。
高品位な日本製ハーモニカは、世界中のプロミュージシャンたちに愛用されています。

1917年から100年近くにわたり、ハーモニカを製造し続けているトンボ楽器製作所は、「メジャーボーイ」などのブランドで知られ、国内では長渕剛(ながぶち つよし)、コブクロなど、海外ではミック・ジャガー、ボン・ジョヴィなどが愛用しています。

また、鈴木楽器製作所のハーモニカは、かつてオバマ大統領が大統領選に臨(のぞ)んだ際の集会で、スティービー・ワンダーが演奏に使用したといいます。

他に、もともと北米向けにハーモニカを作っていた野田鶴声社(のだかくせいしゃ)は、ホイッスルの製造メーカーとして知られています。

同社のハーモニカは、FIFAワールドカップの1982年スペイン大会、1980年メキシコ大会で公式ホイッスルに採用されたほか、NATOやフランス国歌警察などにも納品しており、世界中でその音色と使いやすさが評価されています。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment