奈良公園が鹿のフンだらけにならないのは何故?

奈良公園 鹿

”奈良の顔”といえば、奈良公園に棲息(せいそく)する鹿でしょう。
この鹿は、ただの鹿ではありません。
春日神社(かすがじんじゃ)の神の使いとされ、古代から大切に扱われてきた鹿なのです。

現在、その鹿の数は約1200頭。
これだけの鹿がいれば、公園はフンだらけになりそうです。
が、公園内に散らばるフンは、何故かそれほど多くはありません。

清掃員をほとんど見かけないにも関わらず、フンが少ないのは、実はコガネムシ(通称フン虫)のお蔭です。

日本には、約150種のフン虫がいますが、奈良公園ではそのうち約50種が確認されています。
このフン虫は、鹿がフンをすると、すぐにその中にもぐり込み、1日で分解してしまいます。

その際、フン虫は、ハエが産みつけた卵も食べてしまうので、ハエが発生することもありません。
フン虫は同時に、ハエの発生も防いでいるのです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

トウガラシを食べると肥満防止になる?

トウガラシ

寒い冬の日に、トウガラシを鞄の中に入れて履(は)くと、足がポカポカ温かくなるといいます。
これは、トウガラシの中に含まれるカプサイシンという成分が、血行を良くし、冷えやすい足の血液の循環(じゅんかん)を助けるためです。

マーボー豆腐など、トウガラシの入った辛い食べ物が食欲をそそるのも、この成分が消化吸収を助けるためです。

さて、このカプサイシンには、体内のエネルギー消費を促進させる効果があります。

体内に取り込まれたカプサイシンは、中枢神経(ちゅうすうしんけい)を刺激することによって、副腎皮質(ふくじんひしつ)からアドレナリンなどのホルモンの分泌(ぶんぴつ)を促(うなが)します。

これによって、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化され、エネルギー代謝(たいしゃ)が盛んになります。
するとその結果、体内に貯蔵された脂肪の分解が進みます。

つまり、カプサイシンには、肥満防止効果があるのです。

とはいえ、辛い物ばかりの食事を摂(と)りすぎると、血圧が上がって体に悪い影響を上げるということもまた事実。

カプサイシンには、血圧の上昇作用があまりないことが報告されてはいますが、何事もほどほどに、ですね。

参考にしたサイト
カプサイシンの効果効能 | サプリメント大学 https://www.supkomi.com/univ/capsaicin/caps-effect.html

 
Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

自分の本籍地は好きな場所に移せるって本当?

戸籍 本籍 役所

日本では、自分の戸籍(こせき)がある場所・「本籍(ほんせき)」を、国内で住所表示のある場所であれば、どこへでも移すことができます。

手続きは簡単です。近くの役所へ行って、転籍届けを出すだけです。
が、もしもあなたが戸籍の筆頭者(ひっとうしゃ)やその配偶者でないのなら、分籍届(ぶんせきとどけ)を出すことになります。

本籍は、かつては戸籍の管理場所を示す情報として、行政の中では重要なものでした。
が、今では住民票などで住民データを把握(はあく)し、税金も徴収できるため、現住所と本籍地が異なっていても、特に問題はありません。

実際、2011年(平成23年)現在、高校野球の聖地であり、プロ野球・阪神タイガースの本拠地でもある甲子園球場の所在地である「兵庫県西宮市甲子園町1番」に本籍を置く人が、約700人もいるのだといいます。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

「ごまかす」の語源は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱」というお菓子から?

「あっ、髪の毛が増えてる! ごまかしだニャン!」
驚く ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

見かけだけで、内容が伴っていないことを意味する「ごまかす」という言葉。
この言葉の語源は、江戸時代に売られていた「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子が由来とされます。

胡麻胴乱というのは、小麦粉にゴマを混ぜて焼いたお菓子です。
このお菓子は、大きく膨(ふく)らんで香ばしく焼きあがってはいるものの、食べてみると、中身がスカスカ。
大変ガッカリしたことから、「ごまかす」という言葉が生まれたといいます。

他の説としては、弘法大師(こうぼうだいし)の焚(た)いたありがたい「護摩の灰」だとして、偽物の灰を売り歩いた者がいたことが語源であるとする説があります。

 
Posted in 語源・由来 | Leave a comment

ジーンズは、そもそも何故紺色をしている?

ジーンズ 姿で くつろぐ 女性

世界初のジーンズは、1850年代、ゴールドラッシュに沸くアメリカのカリフォルニア州で仕立て屋として働いていた、リーバイ・ストラウスによって作られました。

ストラウスは、当時労働者が履(は)いていたゴワゴワとしたズボンを、インディゴを使って、泥の汚れが一番目立たない濃紺(のうこん)に染めて販売しました。

インディゴはインド産の紺色の染料で、防虫効果に加えて、採鉱夫(さいこうふ)たちにとって最大の恐怖であったガラガラヘビを追い払う効果があると信じられていました。
これらのことから、このブルージーンズは大評判となったといいます。

ジーンズ姿で 歩く 女性

これが、ジーンズがそもそも何故紺色をしているのかという理由です。

 
Posted in 語源・由来 | Leave a comment