野球は、かつては21点先取のスポーツだった?

野球 グランド

現在は、9イニング(9回)制で行なわれている野球ですが、19世紀の最初の野球の規則では、両チームは同数のアウトという条件で21点を先取したチームが勝ちというのがルールとなっていました。

しかしながら、当時はストライクもボールもなかったため、丸1日かけても試合が終わらないこともよくありました。
そこで、1857年に、9回終了時に得点の多かったチームが勝ちというルールに変更。

リードしているチームも、9回裏の3アウトまでプレーを続け、リードされているチームが9回裏に逆転しても3アウトまでプレーするので、サヨナラ勝ちもありませんでした。

現在と同じ、9回裏なしやサヨナラ勝ちがはじまったのは、1880年のことでした。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

「イカスミ料理」があるのに「タコスミ料理」がないのは何故?

イカスミ パスタ

「イカスミ料理」はありますが、「タコスミ料理」というのはありません。
これは、何故なのでしょうか?

イカもタコも、スミを吐くことで知られています。
どちらも、敵に襲われたときにスミを吐くことは同じですが、その役割が異なります。

まず、イカスミは、粘度(ねんど)が高いので、海中ですぐに拡散しません。
そのため、スミを自分の分身に見せかけ、敵の目を惑(まど)わせている間に逃げるのです。

一方、タコスミは、粘度が高くなく、海中にさっと広がります。
これが煙幕となって、敵の目から見えなくなり、その間に逃げるのです。

さらに、味に関していえば、タコスミの方がおいしさも栄養も圧勝です。
しかしながら、タコはスミ袋が小さく、スミが少量しか取れません。

さらには、イカスミの方が採取しやすくて取り扱いも容易なため、「イカスミ料理」はあっても「タコスミ」料理はほとんど見られないのです。

参考にしたサイト
「いかすみ」と「たこすみ」の違い | 料理で幸せにする食の研究所ECL
https://worldchefsbible.com/知識の宝庫/雑学/「いかすみ」と「たこすみ」の違い/

Posted in 雑学 | Leave a comment

「花の子ルンルン」の最終回はどうなる?

神保史郎(じんぼ しろう)原作の漫画・「花の子ルンルン」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

花の子ルンルン
写真は、こちらからお借りしました。

七色の花を持って、フラワーヌ星へと向かうルンルン。
その横には、本来の人型の姿に戻ったキャトーとヌーボもいました。

ルンルンは、フラワーヌ星に到着(とうちゃく)すると、国王と王妃(おうひ)に謁見(えっけん)します。
が、その場で、国王から予想外の真実を告げられます。
それは、戴冠式(たいかんしき)に必要な七色の花を見つけた女の子には、新国王の妃(きさき)の座が与えられるというものです。

旅の途中で、セルジュに淡(あわ)い恋心を抱いていたルンルンは、それはできないと国王に告げます。
そして、国王の前から走り去ろうとします。
が、そこに現われたのはセルジュ。
なんと、その新しい国王というのは、セルジュのことだったのです!

一方、それを見ていたトゲニシアは、フラワーヌ星の女王の座をついに断念(だんねん)。
その野望を地球でかなえようと、手下のヤポーキとともに地球へ向かうのでした。

その夜、ルンルンはセルジュに、やはり地球に帰りたいと話します。
彼女は、どうしても祖父母(そふぼ)のことが心配なのです。
その気持ちを悟(さと)ったセルジュは、戴冠式には出てくれるように頼み、その望みを受け入れるのでした。

そして、戴冠式の日がやってきます。
七色の花の前で、国王が王冠(おうかん)を手に取ります。
が、その王冠を受けたのは、セルジュではなく、セルジュの弟でした。
国王も、ルンルンの想いを知って、彼女とセルジュをともに地球に帰すことにしたのです。

かくして2人は、キャトーやヌーボらに見送られて、祖父母の暮らす地球へと戻って行くのでした。

「花の子ルンルン」のテレビ放送
1979年2月9日 - 1980年2月8日(全50回)

Posted in 漫画・アニメ | Leave a comment

NHKが「ゴールデンウィーク」をあくまで「大型連休」と呼ぶのは何故?

 ゴールデンウィーク GW 計画

「ゴールデンウィーク」という名称は、1951年(昭和26年)に公開された映画・『自由学校』が、5月公開なのに盆正月の興行よりもヒットしたことから、当時大映の専務だった松山英夫が命名したものです。

それ以来、5月の大型連休はゴールデンウィークと呼ばれるようになりましたが、実は、NHKではこの名称が使われていないといいます。

これは、何故なのでしょうか?

その理由は、1970年代のオイルショック以来、この名称に抵抗を感じて、NHKに抗議の電話をかけてくる人が増加したためです。

さらに、報道番組では外来語やカタカナ語をできる限り避けたい、あるいは長すぎて表記の際に困るといった理由から、「大型連休」という表現を使うようになったとされています。

参考にしたサイト
安住紳一郎 NHKがゴールデンウィークという言葉を使わない理由を語る | miyearnZZ Labo
https://miyearnzzlabo.com/archives/25235

Posted in 語源・由来 | Leave a comment

小指を曲げると、薬指も一緒に曲がるのは何故?

5本の指 手の平

小指を曲げようとすると、薬指も一緒に曲がってしまいます。
これは、何故なのでしょうか?

その理由には、脳からの指令を伝える神経の働きが影響しています。
実は、小指と薬指に指令を伝える神経が同じ方向に走っているため、これら2つの神経を別々に動かすことができないのです。

そのうえ、小指と薬指の指先を動かす筋肉も、しっかりくっついてしまっているため、どちらかの指を曲げようとすると、同じ方向に動いてしまうのです。

ピアノを弾く 猫
ピアノを弾く 猫

ただし、この2本の指は、ピアニストのように、訓練することで別々に動かすことが可能となります。

Posted in 雑学 | Leave a comment