「ドラえもん」最終回-ドラえもんが変えたのび太の人生

ドラえもん
写真は、こちらからお借りしました。

1.ドラえもんとのび太の別れ

それは、いつものように、青い空に白い雲が浮かぶ晴れた日のことでした。
のび太がふと気づくと、ドラえもんが動かなくなっていました...。

のび太には、その理由は分かりません。
話しかけたり、叩(たた)いたり、蹴(け)ったり、 しっぽを引っ張ってみたりもしたことでしょう。

が、なんの反応も示さないドラえもん。
そんなドラえもんに、のび太は次第に不安になってきます。
つき合いも長く、そして固い友情で結ばれている彼ら。

「ドラえもん...」

そしてのび太は、動かなくなったドラえもんがどういう状態にあるのか、小学生なりに理解するのです。

その夜、のび太は枕を濡(ぬ)らします。
ちょこんと、柱を背にして座っているドラえもん...。
のび太は、眠りにつくことができません。
泣き疲れて、ただぼんやりしています。

2.ドラえもんの故障(こしょう)の原因究明(げんいんきゅうめい)

翌朝、のび太は、無駄(むだ)と知りつつ、できるだけのことをしました。
それでも、何の反応も示さないドラえもん。
当然ですが、ポケットに手を入れてみたり、スペアポケットというものもありましたが、どうしても動作しないのです。

そしてふと、何故今まで気がつかなかったのか、机の引き出し、そう、タイムマシンの存在に気づくのです。
のび太は、着替えをするのももどかしく、パジャマ姿のまま、22世紀へとタイムマシンに乗り込みます。

のび太は、22世紀に着くと、何とかドラミちゃんに連絡を取りつけます。
そして、ドラえもんが動かなくなったことを伝えると、まだ完全には状況(じょうきょう)を把握(はあく)できていないドラミちゃんを連れて、急きょ20世紀に戻ってきます。

「ドラえもんが治る!」

のび太は、うれしかったことでしょう。
しかしながら、のび太はこの後、人生最大の落胆(らくたん)をすることになってしまいます。

ドラミちゃんは、動かないお兄ちゃんを見て、すぐに故障の原因が分かりました。
正確には、故障ではなく、電池切れでした。

そして、電池を交換しようとしたとき、ドラミちゃんはある重大な問題に気づいたのです。

3.いよいよクライマックス

衝撃(しょうげき)の事実!

「予備電源(よびでんげん)がない…」

のび太には、何のことか分かりません。

早く早くとせがむのび太。
そんなのび太に、ドラミちゃんは静かに伝えます。

「のび太さん、お兄ちゃんとの思い出が消えちゃってもいい?」

ドラミちゃんによれば、旧式ネコ型ロボットの耳には、電池交換時の予備電源が内蔵(ないぞう)されていて、 電池交換時にデータを保持(ほじ)しておく役割があったというのです。
が、そうです、ドラえもんには耳がない!

のび太は、事の重要性をやっと理解しました。
そしてのび太の脳裏(のうり)には、ドラえもんとの思い出が蘇(よみがえ)ってきました。
初めてドラえもんに会った日、数々の未来道具、過去へ行ったり、未来に行ったり、 恐竜(きょうりゅう)を育てたり、海底で遊んだり、宇宙で戦争もしました。
また、鏡の世界にも行きました。 どれも映画になりそうなくらいの思い出です。

そしてのび太は、ある決断(けつだん)を迫られます...。

ドラミちゃんは、いろいろ説明をしました。
ややこしい規約(きやく)で、のび太は理解に苦しみましたが、 電池を交換することでドラえもん自身はのび太との思い出が消えてしまうこと、 今のままの状態ではデータは消えないこと、また、ドラえもんの設計者は、設計者の意向(いこう)で明かされていないため、連絡して助けてもらうことはできないという、とっても不思議で特異(とくい)な規約でした。

ただ、修理(しゅうり)及び改造(かいぞう)は自由であることも、この規約には記されていました。

のび太は、ドラミちゃんにお礼をいいます。
そして、一言告げるのです。

「ドラえもんは、このままでいい」

それを聞いたドラミちゃんは、後ろ髪をひかれる思いでしたが、何もいわずに、タイムマシンに乗って去っていきました。
のび太、小学6年生の秋でした。

4.のび太の決意!

あれから、数年後...。

のび太の、何か大きく謎めいた魅力、とても力強い意志、そしてどこか淋しげな目、 眼鏡をさわるしぐさ、黄色のシャツと紺色の短パン。
しずかちゃんが惚(ほ)れるのに、時間は必要ありませんでした。

外国留学から帰国した青年のび太は、最先端(さいせんたん)の技術をもつ企業(きぎょう)に就職(しゅうしょく)し、そしてまた、めでたくしずかちゃんと結婚しました。
そして2人は、とても温かな家庭を築いていきました。

あの日ドラミちゃんが去ったあと、のび太はドラえもんは未来に帰ったと、みんなに告げていました。
そしていつしか、誰も「ドラえもん」のことは口にしなくなっていました。

しかし、のび太の家の押入には「ドラえもん」が眠っています。 あのときのまま...。

のび太は技術者として、今、「ドラえもん」の前にいるのです。
小学生の頃、成績が悪かったのび太ですが、彼なりに必死に勉強しました。
そして中学、高校、大学と進学し、かつ確実に力をつけていきました。

企業でも順調(じゅんちょう)に、ある程度の成功もしました。
そして、もっとも権威(けんい)ある大学に招かれるチャンスがあり、のび太はそれを見事にパスしていきます。
そうです、のび太にあったのは、「ドラえもんを治したい!」、その一心でした。

5.自宅の研究室にて...

あれからどれくらいの時間が経ったのでしょうか。
しずかちゃんが研究室に呼ばれました。
それまでは入ることを固く禁じられていた研究室でした。
中に入ると、夫であるのび太は微笑んでいました。

そして、机の上にあるものをみて、しずかちゃんはいいました。

「ドラちゃん...?」

のび太はいいました。

「しずか、こっちに来てごらん、今、ドラえもんのスイッチを入れるから」

のび太の頬をつたう、ひとすじの涙...。

しずかちゃんは黙って、のび太の顔を見ています。
この瞬間のために、まさにこのために、のび太は技術者になったのでした。
そしてのび太は、静かに、そして丁寧(ていねい)に・・・・、何かを確認するようにスイッチを入れました。

ほんの少しの静寂(せいじゃく)の後、長い長い時が繋(つな)がりました。

「のび太くん、宿題は済んだのかい?」

ドラえもんがいいました。

ドラえもんの設計者が誰であったのか、その謎が明らかになった瞬間でもありました。
空には、あのときと同じように、白い雲が浮かんでいました。

参考にしたサイト | 利ちゃんのちょっといい話
http://kobayashi2.fc2web.com/Goodstory/goodstory1.htm

 
Posted in ちょっといい話 | Leave a comment

「ひとつまみ」「少々」は、それぞれどのくらいの量?

レシピを見る 女性

料理のレシピを見ると、調味料の量を、「大さじ1杯」「小さじ1杯」「1カップ」などと、計量器を使って示されていることがあります。
また、「塩ひとつまみ」「砂糖少々」というような記述も見られます。

このうち、「ひとつまみ」は、親指と人差し指と中指の3本の指でつまんだ分量で、小さじ1/4と同じくらい(1グラム弱)とされます。
また、「少々」は、親指と人差し指の2本の指でつまんだ分量で、小さじ1/8程度の分量が目安となります。

他には、「ひとにぎり」「ひとたらし」という記述もあります。

「ひとにぎり」は、人差し指から小指までの4本の指を閉じて、1度に軽くすくえる分量で、塩であればだいたい40~50グラム。
「ひとたらし」は、油などの入った容器を1秒ほど傾けて出る量(5ml程度)とされます。

 
Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

乳歯は何故抜ける? 永久歯は何故生え変わらない?

歯が 抜けそうな 女の子

人間の歯は、小学校低学年頃までに、それまでの乳歯(にゅうし)がすべて抜け落ちて、永久歯(えいきゅうし)に生え変わります。
どこも悪くないのに、ポロリ!と抜け落ちます。

これは、何故なのでしょうか?

顎(あご)は、成長すると大きくなります。
が、歯は、いくらたっても大きくなりません。

顎の小さいときに、大人サイズの歯が生えたら全然入りきりませんし、顎の小さいときに生えた歯が、顎が大きくなってもそのままなら、ものすごい隙(すき)っぱになってしまいます。

おっぱいから、離乳食(りにゅうしょく)を経て、普通食になった時点で、歯が生えていないと物を食べることができません。
が、そのときには顎が小さいのです。

そこで、最初は小さい歯を生やして物を食べ、顎が大きくなるにつれて、小さい歯を順々に抜いて、大きい大人の歯に切り替えているのです。

そして、乳歯がすべて抜けて、永久歯に生え変わった頃には、顎は成長を終えています。
顎はもう成長しないので、さらに歯を入れ替える必要はありません。

永久歯が、一度生えたら生え変わらないのはこのためです。

参考にしたサイト
どうして乳歯はぬけるのですか?永久歯は、なぜ生え変わらな… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027908880

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

サボテンには何故トゲがある?-トゲは冷却装置だった

サボテン アメリカの大自然

サボテンにはトゲがありますが、このトゲは一体何のためにあるのでしょうか?

サボテンは、砂漠という過酷(かこく)な環境(かんきょう)の中で生きていかなければなりません。
そのため、他の植物にはないたくさんの特徴があります。

そのひとつは「ひだ」です。
高さが10メートルにも成長するオオハシラサボテンの幹(みき)には、縦方向にひだが刻(きざ)まれています。
このひだのお蔭(かげ)で、日光が真上から射さない限り、体表面のかなりの部分を日陰にすることができます。

ふたつめは「球状(きゅうじょう)の体」です。
多くのサボテンが球状をしているのも、常に体の半分を日陰にするための適応です。

みっつめは「葉のない体」です。
サボテンに葉がなく、表面が蝋(ろう)のような厚い膜(クチクラ)で覆われているのは、体の水分の蒸発を防ぐためです。

さて、サボテンのトゲは、葉が変化したものですが、これは一体、何のためにあるのでしょうか?
動物に食べられるのを防ぐという役目もありますが、それだけではありません。
このトゲは、強い陽射しを避ける冷却装置(れいきゃくそうち)でもあるのです。

サボテンの表面には、無数のトゲがあります。
このトゲで、強い日差しを散乱(さんらん)させて、表面温度を下げることができます。

試しに、サボテンのトゲを全部取ってしまうと、体表面の温度が10度も上がってしまうそうです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

睡眠中にトイレが”遠くなる”のは何故?-脳からあるホルモンが分泌されていた

睡眠

通常、健康な成人であれば、1日に6~8回ほど、日中は4~6時間おきにトイレに行きます。
が、不思議なことに、7~8時間ほど睡眠をとっても、その間はトイレに行きたくなりません。

これは、何故なのでしょうか?

おしっこは腎臓(じんぞう)でつくられますが、睡眠中は、その働きが止まっているのでしょうか?

いや、そうではありません。
腎臓は、睡眠中も働いています。
それにもかかわらず、睡眠中にトイレに行かずにすむのは、脳の働きが関係しています。

眠りにつくと、脳下垂体(のうかすいたい)から腎臓に指令を出す「抗利尿(こうりにょう)ホルモン」が分泌(ぶんぴつ)されます。
すると、このホルモンの働きで、腎臓は尿の量を減らし、濃い尿をつくります。
すなわち、尿の”濃縮(のうしゅく)”が行なわれるわけです。
そのため、膀胱(ぼうこう)がいっぱいなることがありません。

つまり、睡眠中も腎臓では尿がつくられているのですが、昼間に比べてその量が少ないため、トイレが”遠くなる”のです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment