静止衛星は、何故止まっていられる?

人工衛星 静止衛星

静止衛星(せいしえいせい)とは、高度約36,000キロメートルの赤道上空を、毎秒約3キロメートルで回る衛星のことをいいます。

この高さで地球の周(まわ)りを回ると、その周期(しゅうき)がちょうど地球の自転(じてん)周期と同じ24時間となります。
そのため、この衛星を地上から見ると、常に「静止」しているように見えます。
それで、静止衛星の名があります。

なので、文字通り、空中で静止しているわけではありません。
正確には、「静止しているように見える」衛星なのです。

この静止衛星は、気象(きしょう)衛星や通信(つうしん)・放送衛星などに、広く使われています。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

時々、すごく辛いシシトウがあるのは何故? また、辛くないものの見分け方は?

シシトウ

シシトウを食べていると、時々すごく辛(から)いものに当たることがあります。
何故、このような辛いものが混じっているのでしょうか?
また、食べる前に、そのシシトウが辛いかどうか、見分ける方法はあるのでしょうか?

シシトウというのは、その名前の通りトウガラシの一種で、その形が「獅子舞(ししまい)」の獅子に似ていることからその名があります。
この辛さの元となっているのは、カプサイシンと呼ばれる物質で、すべてのトウガラシに共通の辛味(からみ)成分です。

そして、このカプサイシンは、温度が上がるとできやすくなることから、一般に夏場ほど辛いものができやすくなります。

また、春に植えた木が老化して弱った場合にも、辛いものができやすくなります。

さて、シシトウが辛いかどうかの見分け方ですが、同じ木になっていても辛いものと辛くないものがあり、専門家でも難しいものです。

確率的に、辛いシシトウは中の種が少なく、辛くないものは種が多いということが分かっているようですが、種の数は外側からは見えませんので、判断材料にはなりません。

ただ、シシトウはヘタの部分が最も辛くなりますので、調理前にその部分を切ってしまうというのが実用的なやり方と思われます。

シシトウに関しては、甘味のある種と掛け合わせ、辛くない品種を作ろうとしていますが、うまく行っていないようです。

参考にしたサイト
辛いシシトウの見分け方 | Goo-net
http://otasuke.goo-net.com/qa5028.html

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

かつて、富士山よりも高い山が日本にあったって本当?

富士山

日本一高い山というば、標高3776メートルを誇る富士山ですね。
が、かつて日本には、約50年間だけですが、この富士山を凌(しの)ぐ高さの山がありました。

日本は、日清戦争に勝利し、1895年(明治28年)の下関条約で清国から台湾を割譲(かつじょう)されました。
そして、1945年(昭和20年)に、ポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦に敗れて中華民国に編入されるまで、台湾はわが国の統治下にありました。

その、統治下におかれた台湾に、富士山よりもさらに高い、3952メートルの高さをもつ「玉山(ぎょくざん)」という山がありました。

玉山
玉山
写真は、こちらからお借りしました。

つまり、この時期、富士山よりも高い山が日本にあったことになるのです。

日本の統治時代、明治天皇は、この玉山を富士山を越える日本一の山という意味で、「新高山(にいたかやま)」と付けたといいます。

Posted in 雑学 | Leave a comment

結婚式でかかるあの名曲は、なんと、別れの曲だった?

 

結婚式

結婚式を上げる際、欠かすことができないものといえば、BGM。
なかでも、アメリカの女性歌手ホイットニー・ヒューストンが、自身が主演でケビン・コスナーと共演した映画『ボディー・ガード』の主題歌として1992年にカバーした「オールウェイズ・ラブ・ユー」は、結婚式の定番ソングとして高い人気があります。

しかしながら、実はこの曲、結婚式で使うにはふさわしくありません。
それは、歌詞の内容を見れば、一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。

If I should stay
(私がここにいたら)
I would only be in your way
(あなたの邪魔になってしまうだけ)
So I’ll go…
(だから私は去るわ…)

と、なんと、女性が語る別れの歌となっているのです。


I Will Always Love You(オールウェイズ・ラブー・ユー)/Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)

このような曲を結婚式で歌うというのは、明らかな選曲ミスといわざるをえないでしょう。

Posted in バラエティー | Leave a comment

山の中で見かける高圧電線はどうやって張っている?

高圧電線 山の中

よく、山の中に高圧電線が張ってあるのを見かけますが、これは、一体どうやって張っているのでしょうか?

この高圧電線は、ヘリコプターを使って張っています。
まず、ヘリコプターを使って、400~500メートル間隔で立っている鉄塔の間に、直径1センチ、長さ3キロメートルほどのナイロンのロープを順次かけていきます。

そして、このロープに直径1センチの鉄のメッセンジャー・ワイヤーをつないで引っぱり、さらに、このワイヤーで直径4センチの電線を引くという三段構えです。

このような手順を踏むのは、50万ボルト級の電線が約3キロメートルで3トンあるためで、とてもヘリコプターで吊り上げられる重さではないからです。

ちなみに、関西電力の鉄塔は1995年3月現在3万3000本あり、最も間隔があいているのは鳴門海峡をまたぐもので、その距離は1716メートルあります。

Posted in 雑学 | Leave a comment