すべてのインチキ商品に通じる手口とは?-知っておきたい共通点

悪徳商法 契約

世の中には、「このツボを買えば幸福になる」とか、「これを飲めばたちまち健康になる」、また「これを食べれば10歳若返る」などといって高価な商品を売りつける、インチキ商品のタネは尽きません。

それもこれも、このようなインチキ商品に、つい引っかかってしまう人がいるからなのです。
あなたもそんな被害者にならないよう、ここではそんなインチキ商品の共通点を考えてみたいと思います。

まずは、「霊感商法(れいかんしょうほう)」と呼ばれるものです。
「あなたの印鑑(いんかん)はたいへん不吉だ。このままでは不幸が起こる」などといって、お客の不安を露骨(ろこつ)にあおることによって、インチキ商品を買わせます。

次に、「健康商法」です。
これも、いたって単純です。
誰でも、程度の差こそあれ、健康には不安を抱いているものです。
このツボを突かれると、わけの分からない高価な健康商品などを、コロリとだまされて買ってしまう人も多いです。

最後は、「利殖(りしょく)」です。
小豆相場だ、金相場だ、などと、世の中にはいきなり電話してくる人がいますが、これも、「うまい話に乗り遅れてはいけない」→「自分だけが損しているのではないか?」という「不安」につけ込んでいるわけです。

結論。
いたずらにお客の「不安」をあおるような商法には要注意。
まずインチキだと思って間違いありません。

 
Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

ひき肉の成分分析に、DNA鑑定が使われているって本当?

DNA 鑑定

人間の血縁関係はもとより、最近では生物の祖先を調べたり、ウイルスの型を診断するときなどにも使われるDNA鑑定。
その活躍の場は、さらに広がっています。

さて、このDNA鑑定は、身近な食べ物の調査にも使用されていることをご存知でしょうか?

そのきっかけとなったのは、2007年に社会問題となった「食肉偽装事件(しょくにくぎそうじけん)」です。

この事件は、かつて北海道苫小牧市(ほっかいどうとまこまいし)に本社のあった食品加工卸売会社・ミートホープ株式会社が起こしたもので、この事件以後、農林水産省がひき肉のDNA分析を行ない、偽装肉防止に努めているのです。

ミートホープ本社苫小牧工場
ミートホープ本社 苫小牧工場
写真は、こちらからお借りしました。

この分析においては、まず、検体(けんたい)となる肉からDNAを採取(さいしゅ)します。
そして、やブタの塩基配列(えんきはいれつ)をもったDNA断片と試薬を加えます。
このようにすると、もしも同じ種類の肉であれば、DNAが増殖するため、何の肉かが分かるという仕組みです。

以前は、牛肉かブタ肉かなどの、大きな違いしか分かりませんでしたが、最近では、DNA鑑定の精度の向上により、産地の違いや品種の違いなども、ある程度分析できるようになったといいます。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

プーアル茶の味の決め手は、南部鉄瓶にあった?

プーアル茶

中国で、日常生活に欠かせないプーアル茶。
独特の風味と香り、そして深い味わいが魅力のお茶です。

このプーアル茶は、緑茶を黒麹菌(くろこうじきん)などとともに長期熟成させて作る「後発酵茶(こうはっこうちゃ)」で、10~20回ほど繰り返し飲むことができます。

さて、プーアル茶をおいしく淹(い)れるためには、熱湯を注いで短時間で成分を抽出(ちゅうしゅつ)するのがコツです。
そのためには、お湯を入れる保温性の高い容器が必要です。

そこで、中国・上海(しゃんはい)の茶製造・販売大手「大可堂」が目をつけたのが、岩手の伝統工芸品でもある南部鉄瓶です。

南部鉄瓶
南部鉄瓶
写真は、こちらからお借りしました。

同社は、岩手県奥州市にある、1852年(嘉永5年)創業の老舗(しにせ)南部鉄器メーカーである「及源鋳造(おいげんちゅうぞう)」に、「最高のプーアル茶を淹れるための鉄瓶」を依頼しました。

保温性の高さに関しては、もともと南部鉄瓶の得意とするところです。
が、南部鉄瓶は、本来日本茶用に作られたもの。
プーアル茶から最高の味を引き出すためには、そのままでは不十分でした。

及源鉄瓶は、大可堂からの要望を受け、注ぎ口の切り口を変えるなど、数回にわたって改良を加え、約9ヶ月かけて理想のプーアル茶用の南部鉄瓶を完成。
大可堂の張奇明会長も、「パーフェクトな出来だ」と大絶賛します。

そして、完成した南部鉄瓶の価格は1個5~6万円で、年平均1000個を売り上げるヒット商品となったのです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

「バビル2世」の最終回はどうなる?

横山光輝(よこやま みつてる)原作の漫画・「バビル2世」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

バビル2世
写真は、こちらからお借りしました。

世界征服(せかいせいふく)の足がかりとすべく、ヨミは東京の地下鉄を占拠(せんきょ)。
乗客20万人を人質にとります。

が、バビル2世の活躍(かつやく)で、彼が世話になっているワタリ牧場のユキとチー坊を含む人質の救助に成功。
とはいえ、東京の地下は、依然(いぜん)としてヨミの占拠下にありました。

バビル2世は、東京が決戦地になると考え、国歌保安局(こっかほあんきょく)に全都民を避難(ひなん)させることを主張します。
そしてこのとき、ユキたちも東京を脱出。
バビル2世は、彼女たちと再会を約束すると、決戦に赴(おもむ)きます。

その後、ヨミは東京に集められていた世界各国の首脳(しゅのう)たちを墓地に集めて改造。
世界征服に利用しようとします。
が、これをバビル2世とロデムが阻止(そし)。
さらには、バビル2世が特定できずにいた基地の位置までも、ロデムの活躍により露見(ろけん)します。

バビル2世との決戦を覚悟したヨミは、巨大ロボット・ビッグワンを稼動(かどう)。
実はこのビッグワンこそ、バビル2世が探していたヨミの基地だったのです。

突如出現したビッグワンに、バビル2世はロプロスとともに攻撃を仕掛けます。
が、ビッグワンを止められません。
続いて加勢したポセイドンも、突破口(とっぱこう)を開けません。

苦戦を強いられる中、バビル2世はロプロスとポセイドンに合体攻撃を指示。
この攻撃を受け、ビッグワンはついに機能を停止します。

万策(ばんさく)尽きたヨミは、ビッグワンから脱出。
バビル2世に一騎討ち(いっきうち)を挑(いど)みます。

お互いに異星人バビル1世の子孫であるバビル2世とヨミは、それぞれ超能力を駆使(くし)して戦いますが、なかなか決着がつきません。
そこで、ヨミは脱出ボードに乗って、船上から逃亡を図ります。
が、ロブロスとポセイドンの攻撃によって、ヨミは脱出ボートごと爆死(ばくし)。

かくして、ヨミの野望を阻止したバビル2世は、しもべたちに別れを告げると、ユキたちの待つワタリ牧場に向かうのでした。

「バビル2世」のテレビ放送
第1作:1973年1月1日 - 1973年9月24日(全39話)

 
Posted in バラエティー | Leave a comment

大阪と京都だけに「府」がつくのは何故?

京都 花見小路
京都 花見小路

現在、「府」が使われているのは、大阪府と京都府だけです。
しかしながら、1868年(明治元年)には、10ヶ所の「府」が存在しました。

そもそも、この「府」には、一体どのような意味があるのでしょうか?

「府」というのは、軍事・政治の拠点(きょてん)や大都市を意味する言葉です。
明治政府が、幕府直轄地(ちょっかつ)地の中でも重要な拠点を「府」とし、直接管理したことがその始まりでした。

ただ、翌年には、

「京都、東京、大阪以外は府と呼ばない」

という内容の太政官(だじょうかん)布告を発令。
さらに東京府は、太平洋戦争中に、東京市と統合して東京都となりました。

そして戦後は、地方自治体の施行で、「府」の立場は「都」「道」「県」と対等となり、その名称だけが引き継がれることになったのです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment