お菓子一覧

ワンコイン10円だったチロルチョコが20円になった事情とは?

チロルチョコは、”子供がお小遣いで買えること”を狙って、価格が10円に設定されて発売されました。しかしながら、石油危機後に値上げをしたことで、その売り上げが激減。1979年(昭和54年)に、再び10円の値段を復活させました。ところが、このチョコはコンビニへの納品に必要なバーコードを入れられなかったため、入れられる形にした20円チロルとして発売されるようになったのです。

「ハッピーターン」は、不況時だからこそと命名された?

細長い楕円形(だえんけい)の洋風せんべい「ハッピーターン」。 亀田製菓の開発した、主力製品です。そして、そのおいしさのカギとなるのが、秘密の粉「ハッピーパウダー」です。植物由来のたんぱく加水分解物(かすいぶんかいぶつ)に砂糖や塩、うまみ成分である数種類のアミノ酸を調合した複雑な味は、日本人にピッタリなものとなっています。さて、このハッピーターンが開発されたのは、1976年(昭和51年)のことです。当時、日本は第一次オイルショックの影響で、不景気の真っ只中(まっただなか)にありました。

「ブラウンシュガー」「黒糖」「三温糖」の違いは? – それぞれの特徴と用途

「ブラウンシュガー」「黒糖(こくとう)」「三温糖(さんおんとう)」は、どこが違うのでしょうか?まず、ブラウンシュガーは、サトウキビから絞(しぼ)った汁を、そのまま砂糖(粗糖)にしたものです。黒糖は、サトウキビを絞って、不純物を取り除いただけのものです。三温糖は、サトウキビから絞った汁を精製して、上白糖(じょうはくとう)やグラニュー糖等の精度の高い砂糖を作った残りから作ったものです。

金平糖は、昔はとても珍しく贅沢品だった?

金平糖(こんぺいとう)は、1546年(天文15年)にポルトガルから入ってきたお菓子です。「金米」とは『黄金の米』いう意味で、貧しい時代、物がない時代に、お米のように貴重な物とされていたためにこの字が当てられたとのことで、この文字から、昔はすこぶる贅沢品(ぜいたくひん)とされていたことが分かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告