「小便小僧」の正体は?-ブリュッセルにある「ジュリアン坊や像」がルーツだった

日本では公園や街角に設置されている「小便小僧(しょうべんこぞう)」。
意外なところでは、山手線外回り・京浜東北線(けいひんとうほくせん)南行ホーム(3・4番線ホーム)の田町(たまち)寄りにも置かれています。

浜松駅の小便小僧
浜松駅 ホーム に ある 小便小僧
写真は、こちらからお借りしました。

さて、この小便小僧のルーツは、ベルギーの首都ブリュッセルにある身長56センチの「ジュリアン坊や」にありました。

話は、12世紀半ばまで遡(さかのぼ)ります。
当時、ベルギーのフランドル地方の王様が死去した際、生後数ヶ月の王子が、兵士たちを鼓舞(こぶ)するために、戦地に連れて行かれました。

そして、戦況が悪化し、兵士の士気が下がっていたそのとき、なんと、揺りかごにいたこの王子が、突然立ち上がって放尿したのです!

それを見た兵士たちは、その姿に鼓舞され、たちまち士気が回復。
見事、その戦いに勝利することができました。
これが、ジュリアン坊やのモデルになったのだといいます。

ブリュッセルのジュリアン坊や像
ブリュッセル に ある ジュリアン坊や 像
写真は、こちらからお借りしました。

他の説としては、ブリュッセルの市庁舎(しちょうしゃ)に爆弾が仕掛けられた際、ある坊やが導火線におしっこをかけ、その爆発を防いだという話も伝えられています。

いずれにしても、ジュリアン坊やは、放尿することで国を守った”英雄”だったのです。

なお、このジュリアン坊や像は、1619年にフラマン人の彫刻家(ちょうこくか)・ジェローム・デュケノワ(Jerôme Duquesnoy)によって建立されましたが、残念ながらオリジナルは1960年に紛失。
現在の銅像は、レプリカだということです。

ちなみに、ブリュッセルのこの小便小僧-ジュリアン坊やから大広場を挟(はさ)んだ反対側の路地には、「小便少女」の像もあります。
こちらは小便小僧に便乗して設置されたものですが、人気は今一のようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告