飲料の250ml缶と350ml缶が、同じ金額で売られているのは何故?

缶ジュース

日本で売られている缶ジュースは、250mlと350mlがほとんどです。
しかしながら、サイズが違うのに、同じ値段です。

これは、濃度や成分など、何か中身の質に違いがあるのでしょうか?

日本では、もともと缶飲料といえば250mlが主でした。
しかし、その後海外から350mlの缶飲料が入ってくるようになると、日本のメーカーもこれに追随(ついずい)。
値段は、当初は250mlよりも高く設定されていましたが、価格が違うと自動販売機で売りにくいため、同じ価格設定となったのです。

実のところ、250ml入りも350ml入りも、中の飲料自体の原価はほとんど変わらないといいます。
缶飲料の大部分を占めているのは、缶代と流通コストなどだからです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*