チョークの原料は、牡蠣の殻だった?

黒板に チョークで書く 教師

会社のオフィスや会議室ではホワイトボードが使われることが多いですが、小学校や中学校などの教育現場では、まだまだ黒板とチョークが主流です。
教師の中には、特定のチョークを愛用している方も多く、2014年10月月に国内のトップブランド「羽衣(はごろも)チョーク」を製造・販売している「羽衣文具」の廃業(はいぎょう)が発表されると、大きなニュースとなりました。

さて、このように、子供の頃から日常的に接しているチョークですが、実は、この原料の一部に、牡蠣(かき)やホタテの貝殻が使われていることをご存知でしょうか?

牡蠣やホタテは貝殻が大きく、食べた後に大量の貝殻が残ってしまいます。
チョークは、そんな貝殻を、捨てることなく、有効に活用する製品なのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*