さつまいもを食べて出たおならは臭くない?

さつまいも

誰が最初にいい出だしたのかは分かりませんが、「さつまいもを食べるとおならが出る」と良くいわれます。

そのせいからか、ホクホクとおいしそうな石焼きいもを、食べたいのにグッと我慢している人をときおり見かけます。

さつまいもを食べると、本当におならが出るのでしょうか?

残念ながら、これは本当です。
その原因は、さつまいもが豊富な食物繊維(しょくもつせんい)を含んでいることにあります。
食べたさつまいもが、大腸に送り込まれると、腸内細菌の働きが活発になり、その結果多量のガスが発生するのです。

それでは、「さつまいものおならは特にくさい」といわれることがありますが、これも本当なのでしょうか?

結論を先にいえば、これは間違いです。

実験の結果、さつまいもを食べたあとに腸内で発生するガスは、ほとんどすべてが水素だということが分かりました。
あのイヤなおならのにおいの素となる、硫化水素(りゅうかすいそ)やインドール、スカトールといった成分は、まったく含まれていないのです。

水素は、ご存知の通り、無色透明の気体。
さつまいもは、確かにおならの発生回数は増やしますが、においの方は、むしろ逆に薄めてくれているのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*